お互いに「相手が貯金してると思ってた…」ある共働き夫婦にみる、「相手任せ」の恐ろしい結末

金融庁の「老後2000万円問題」をきっかけに、貯蓄の重要性を再認識した人もいたのではないでしょうか。老後資金の形成には長い時間がかかるのが一般的です。夫婦で老後を乗り切っていくためには、早いうちから少しずつでも貯蓄を増やしていく必要があるでしょう。

ところが、収入はあるのに貯蓄ができないというケースも増えています。その原因は家計管理、つまり「やりくりの方法」にあるのかもしれません。

財布のひも、どちらが握っていますか?

続きを読む

夫婦の家計管理には主に3通りの方法があります。「妻が管理する」「夫が管理する」、そして「夫婦が共同で管理する」のいずれかになるのが一般的でしょう。結婚に際して、どの管理方法を選ぶかで悩んだ人もいるかもしれませんね。

「共働きが当たり前」の時代を迎え、財布を一緒にしない夫婦も増えています。しかし、「家計の実権を握っているのは妻」だというケースはいまだに少なくありません。

はじめに、明治安田生命が実施した『「家計」に関するアンケート調査』の結果をみていきましょう。この調査は2018年4月2日~9日の期間に全国の20~79歳の既婚男女1620人を対象に実施されました。(表「夫婦の就労形態別 家計管理の詳細」を参照)

拡大する

夫婦の就労形態別 家計管理の詳細(明治安田生命の資料をもとに編集部作成)

夫婦の就業形態に関係なく、約6割の世帯で妻が家計を管理していることがわかりますね。一方、フルタイムの共働き世帯では共同管理の割合が高めになっています。

こんな家計トラブルに陥っていませんか

ここからは、夫婦の家計トラブルの具体例をみていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。