「18〜19時に就寝」「体罰禁止」「シェアしなさい!」…ニュージーランドの子育てのフツーとは?

「所変われば品変わる」ということわざがあります。故事ことわざ辞典によれば、「土地土地で風俗や習慣が違う」という意味です。食べ物などで実感することが多いこのことわざですが、子育てにも十分に通じるものといえます。

子どものベッドタイムは18~19時

ニュージーランドの、子どもにまつわる生活習慣の中で驚かされることの1つに、「時間」があります。ニュージーランド人親子と外出の約束をした場合、落ち合う時間にきちんと姿を見せるのはまれです。一般的にこの国の人たちは時間にあまり厳しくない上、子連れなので、遅れがちなのは想像に難くありません。

続きを読む

普通なら携帯電話で遅れそうなことを伝えますが、気まぐれな子どもが行く気になっているチャンスを逃す手はないと出発してしまうことも多々あります。遅れて着いた時は謝りますが、子どもを連れての外出の大変さは親同士よくわかっています。お互いさまのことなので気にしません。

また、ニュージーランド人親子の帰り支度の時間にもびっくりします。夕方になる前、15時ごろにはもう「さようなら」です。これは子どもたちの就寝時間がとても早いから。

幼児であれば、18~19時にはもうベッドに入っているのが普通です。それまでに夕食をとり、お風呂や歯磨きを済ませ、本を読むなど就眠儀式を終えなくてはならないのですから、幼児のいる家庭の午後はとても短いといえるでしょう。

親にとって子どもの夕食時間は早過ぎますし、食事内容が違うこともあるので、子どもだけ先に夕食を食べさせる家庭もあります。大人は子どもを寝かしつけてから、カップルでゆっくりというわけです。

ほかにも、赤ちゃんのころから一人部屋で寝かせるのも、風邪で発熱したらぬるめのお風呂でほてった体を楽にしてあげるのも、当たり前に行われています。靴を持っていても、季節に関わらず、はだしでどこでも行ってしまう子どもが多いのも、この国ならではです。

遊具が充実した庭で、外遊び

遊びで特徴的なのは、外遊びが身近なことです。最近都市部ではアパートも多くなりつつありますが、主流は一戸建て。子どもがいる家には、庭のサイズに関わらずトランポリンがあるのが定番です。よく飽きないなぁと感心するほど、子どもはずっとトランポリンの上で跳ねて遊びます。

「ツリーハウス」がある家も少なくありません。大きめの木の、大人の身長より少し高いぐらいの枝に、子ども用の小さな小屋を備え付けるのです。家に見立てて、人形を連れて上がってままごとをしたり、秘密基地と称して、おやつ片手に作戦会議をしたりと、空想を膨らませて遊びます。

木の上に限らず、平地に建てられることもあります。その場合は「プレイハウス」と呼ばれます。サイズや場所はともかく、自分だけの「城」を手に入れた子どもの喜びようは大変なものです。大人がマイホームを買った時のような気持ちなのかもしれません。

トランポリンは別として、遊具はあまった木材などを利用して親が手作りすることもあります。そんな時は子どもと相談して、希望に近いものを作るよう工夫します。子どもも喜んでお手伝いします。

とことんまで教え込まれる「シェアリング」

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

1998年よりニュージーランド在住。東京での編集者としての経験を生かし、仲間と各種メディアを扱う会社を創設、編集長を務める。
2002年に独立し、本格的に執筆活動を開始する。ニュージーランド航空やニュージーランド観光局の発行物やウェブサイトを手始めに、現在は国内はもとより他の英語圏の国々における環境、ビジネス、子育て/教育、文化、テクノロジーといった分野について、多岐にわたる媒体に寄稿。海外在住日本人ジャーナリスト集団「Global Press」所属。