「セクハラ」ならぬ「ジジハラ」?「結婚した途端に呼び捨て」「いきなり部屋侵入」嫁を悩ます義父との関係とは

共働き世帯が増えた現代。義理の両親が近くに居てくれると、とても頼りになるものです。ただし、どんなに家族のかたちが変わった現代でも、根深く残る「嫁姑問題」や「義理の両親とのトラブル」は多く、最近では、「セクハラ」ならぬ「ジジハラ」(義理の父によるハラスメント)が、世の多くの奥さまを悩ませているのをご存知でしょうか?

行き過ぎた義父の行動が原因で、旦那さんやお子さんとの関係にまで影響を及ぼしてしまう事も。最悪、離婚の危機に陥ってしまう場合も少なくありません。今回は、義理の父との関係で実際に起こった「ジジハラ」エピソードと、その対策についてご紹介します。

続きを読む

ありがた迷惑な義父の行動に、怒りに震える妻多数!

適度な距離を保つために、同じ土地内の別の家に暮らす「隣居」。そんな隣居暮らしをす
る姑からある日突然届いたLINE。

「お父さんが除草剤撒いたから、しばらく野菜は食べな
い方が良いわよ」

『・・・?』

私はしばらく放心(?)状態になったあと、怒りに震えました。その野菜は、明日知人や友人を招いて行う予定のランチ会で振る舞うために、私が大切に庭先で育てていた、無農薬のパセリやパクチーだったのです。

趣味でお米を作っている義父は、除草剤を撒くのが日課。撒く必要のない私達の庭にまでなんの確認も無く、勝手に除草剤を撒いていたのです…。せめて撒く前に一言言ってくれたら…。義父の余計なおせっかいで、せっかくの無農薬栽培の野菜が台無しになってしまいました。

その他にも、私を悩ませる義父の行動は挙げればきりがなく、
・頼んでいない雨樋掃除をしているかと思ったら、突然カーテンのない天窓から義父が…!
・留守中に家の掃除を義父が勝手に…。
・大切に育てていたガーデニングの木を、義父が勝手に剪定…。

私達夫婦が思い描いていた、距離感を保つための分離型の二世帯生活は、義父には全く理解されないことを痛感しました。

世間では姑の問題行動が取りざたされていますが、実はこのような義父のありがた迷惑な行動に悩む奥さまは、意外と多いのです。息子は結婚して別の家庭を築いているのにも関わらず、義父にその感覚はなく、二世帯や隣居を前提にした「互いに干渉しない生活」を取り入れようとしても、義父には通用せず困っていると言う話は、ママ友の世間話でも良く聞くエピソードです。

昔の古い「嫁像」を押し付け、プライバシーを守らない義父

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

福島県で起業型地域おこし協力隊として活動する菅原有記が中心となって活動するWebライター集団。

自身の得意ジャンル:日本文化・着物・インバウンド・広告・マーケティング全般

自身は廃校の広告屋さんで働く傍ら、Webライター育成事業を展開中。

在宅ライターさんと協力して、多彩なジャンルの記事を発信していきます!