お金持ちの4つの共通点とは?今すぐ真似できるお金持ちに1歩近づく習慣

お金持ちは、手が届かない存在と思っていませんか?しかし、お金持ちと呼ばれる人たちは、決して特別な存在ではありません。これから紹介する「お金持ちに共通する4つのこと」を意識して行動すれば、お金持ちに1歩近づくことができます。

「お金持ち」の定義とは?

「お金持ち」とは、一体どんな人たちを指すのでしょうか?富裕層ビジネスの世界では、1億円以上の資産を持つ人をお金持ちと呼ぶのが一般的です。
2018年に㈱野村総合研究所が公表した「NRI親リッチアンケート調査」においても、純金融資産保有額が1億円以上5億円未満の世帯を富裕層、5億円以上の世帯を超富裕層と定義しています。

続きを読む

純金融資産保有額とは、世帯が保有する預貯金や有価証券、保険などの金融資産合計額から負債を差し引いた金額で、不動産は含みません。
本調査によると、日本には富裕層が118万3000世帯、超富裕層が8万4000世帯存在していることがわかります。

お金持ちの共通点1:群れない

お金持ちは、「知りあい同士で固まることはムダ」と考え、会合やパーティーで群れません。一方で、見知らぬ人には積極的に話しかけます。自分の知らない世界には、ビジネスチャンスが広がっているからです。

仕事のチャンスを手に入れようとするアグレッシブな姿勢は、お金持ちに共通しています。

お金持ちの共通点2:アイデアをすぐに行動に移す

「少しでも実になるアイデアがあれば、すぐに行動に移すこと」は、お金持ちの特徴です。失敗しそうだと分かったときの行動も早く、軌道修正する力にも長けています。

また、たとえ自分の利益にならなくても、相手の利益になるアイデアがあれば提案します。お金持ちが優秀なビジネスマンとして一目置かれるのは、相手のためを思って行動しているからです。

お金持ちの共通点3:「お金持ち自慢」をしない

お金持ちは、「お金持ち自慢」をしません。「お金持ち自慢」は、自己肯定感が低い人の行動だと考えています。一方で、成功体験を多く積んでいるので、お金持ちは自分に自信をもっています。わざわざ「お金持ち自慢」をして、自己肯定感を高める必要がありません。

お金を持っていることを謙遜することもなく。「成功してきたからお金がついてきた」と、ドシっと構えていることもお金持ちの特徴のひとつです。

お金持ちの共通点4 :お金のことを常に考えている

お金持ちは、お金に関連することを常に考えています。たとえば、「新たな収益源となる事業」や「自分の資産管理」といったことに思考を巡らせています。

お金持ちは、お金について考える時間が非常に長いです。「考え続けると、思考が現実化する」といわれますが、お金をふやすことを四六時中考えていることで、アイデアの実現可能性が自然と高まっているといえるでしょう。

「お金持ちは強欲」というイメージは誤解

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆、書籍校閲・校正経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。