「年収1000万円」と「貯蓄1000万円」。難易度が高いのはどっち!?

お金持ちと聞くと、「1000万円」をひとつの基準と考える人は多いですよね。しかし、同じ「1000万円」という大きな金額でも「年収1000万円」と「貯蓄1000万円」では、状況も目指す方法も異なります。

そこで今回は、それぞれの難易度を比較してみましょう。「年収1000万円」と「貯蓄1000万円」、実際に成し遂げるにはどちらが容易なのでしょうか。

「年収1000万円」や「貯金1000万円」を目指すには

まずは、「年収1000万円」を達成している人の割合を調べてみましょう。国税庁が2018年9月に公開した「平成29年分 民間給与実態統計調査」をもとに見ていきます。

続きを読む

この調査結果によれば、1年間勤務した給与所得者は4,945万人で、平均給与は432万円と示されています。そのうち、年収が1,000万円を超えている人は約221万人。割合にすると、全体の4.4%となります。

続いて、「貯蓄1,000万円」の難易度を見てみましょう。総務省が2019年5月に発表した「家計調査報告(貯蓄・負債編)」では、2人以上世帯における2018年の1世帯当たり貯蓄現在高の平均値は1752万円、中央値は1036万円となっています(この数字は預貯金だけではなく、有価証券や生命保険、個人年金なども含みます)。

平均値は「値の合計をデータ数で割った数字」、中央値は「データを順番に並べて真ん中にある数値」のこと。平均値は突出した数字の影響を受けやすいので、中央値も踏まえて見ていくとよいでしょう。

上記2つの調査から分かるのは、年収1000万円以上の人は【給与所得者の4.4%】と狭き門であるのに比べ、2人以上世帯の貯蓄現在高は平均値だけではなく、中央値も1000万円を超えています。達成している人の人数で考えると、「貯蓄1000万円のほうが目指しやすそうだ」という仮説が成り立ちます。

ただし、上記データは貯蓄額が多い高齢者世帯も含んだもの。人生のなかではマイホームの購入や教育費などで大きな出費がかさみ、貯蓄額が増やせない(減る)時期もありますし、「貯蓄1000万円」をいつ達成し、それを維持したり増やしたりしていけるかどうかも、次のハードルとして考える必要がありそうです。

年収1000万円を目指せる企業/業種は?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。