ママにはハードな夏休み、実は2学期からの家事育児をラクにするチャンス!?

夏休みは1年の中で最も家事育児が大変なとき。夫に家事育児の大変さを理解してもらうチャンスともいえます。

「いつも通りに家事ができない」と思っても、無理をしなくて大丈夫。リアルに「家事育児の大変さ」を実感してもらうチャンスです。普段家にいない男性が実感するためには、実際に話を何度も聞いたり、状況を見たり、経験することが必要なのです。

育児についても、その日あったことなど、こまめに話しましょう。これを機に、便利家電購入の相談もしてみては。大変さが伝わりやすいときの方が、購入のハードルも下がります。

夏休みこそ「便利なモノ」を導入!

便利家電やグッズは、夏休みこそ導入のチャンスです。

わが家の「グータラ生活&グッズ」を考える

夏休みだからこそ、わが家のグータラ生活&グッズを考えてみましょう。1週間毎日フルに活動なんてできませんよね。「もう何もやりたくない日」こそ、グータラ生活を充実させるチャンス。

DVD、ゲーム、レトルト、コンビニ、ファストフード、出前などを試してみるのもその一つ。同時に大切なのが、親側が「罪悪感を捨てる訓練」。365日中の数日ですし、意外と子供も楽しむものです。

夏休み以外でも、「何もしたくない!」って日はありますよね。その日に備え、グータラ生活&グッズをいくつも考えておきましょう。

育児・家事を見直す

無理が効かない夏休みだからこそ、家事や育児を見直すチャンス。

きちんと作らなければと思っていた昼ごはんも、「おにぎり+味噌汁で栄養がとれていればOK」と考えてみては? こまめに片付けるものの散らかされる部屋も、「寝る前に1日1回片付ける」というのもよいでしょう。

また、子どもがいても「自分時間を作る方法」を考えてみましょう。料理中に音楽を聴くなど「ながら」で確保したり、子どもがDVDを見ている時間もいいでしょう。

無理ができない夏休みだからこそ、家事育児を減らすことで、「肩の力が抜ける発見」もあるものです。

大変なことも多いですが、チャンスとも捉えて生活を見直してみてくださいね。

宮野 茉莉子

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
宮野 茉莉子

東京女子大学哲学科を卒業後、野村證券を経て2011年よりライターへ。
主な執筆分野は育児、教育、ライフハック、女性の社会問題、哲学など。
子どもから大人まで「自分の頭で考える」哲学の面白みを伝えるべく執筆中。禅好きの3児の母。