手取り収入の1割を貯蓄…多い?少ない?「月10万円以上貯められる」貯蓄法とは

一定のペースで貯蓄をしていると、お金の計画が立てやすく、どんどん安心感を増やすことができます。とはいえ、収入や支出に波がある方にとっては、ちょっと難しいと感じるかもしれません。

ここでは、一般的な貯蓄額と今すぐできて効果的な貯蓄法をご紹介します。

みんなどれくらい貯めてるの?

金融広報中央委員会が公表している『家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成30年)』(2018年)によると、年間手取り収入のうち、貯蓄に回している平均割合は8%となっています。

続きを読む

年間手取り収入(臨時収入を含む)における貯蓄割合(金融資産保有世帯)―年代別平均―
平均・・・8%
20代・・・15%
30代・・・12%
40代・・・10%
50代・・・9%
60代・・・7%
70代以上・・・6%

60代以上となると年金暮らしとなり、そもそも収入が多くないので、生活に必要な費用を差し引くと6~7%の貯蓄割合ですが、40代以下になると10%を超える貯蓄割合となっています。

20代はお金の貯め時ともいえますから、もう少し多く貯蓄しても良いかもしれませんね。

次に、年収別に見てみるとどうでしょうか。

年間手取り収入(臨時収入を含む)における貯蓄割合(金融資産保有世帯)―年収別平均―
300万円未満・・・4%
300~500万円未満・・・7%
500~750万円未満・・・10%
750~1000万円未満・・・11%
1000~1200万円未満・・・14%
1200万円以上・・・18%

年収に比例して、貯蓄割合も増えています。
これを毎月の貯蓄額に換算するとどうなるでしょうか。

年間手取り収入(臨時収入含む)別、ひと月の平均貯蓄額
300万円未満・・・約1万円
400万円・・・約2万3000円
500万円・・・約4万1000円
600万円・・・約5万円
700万円・・・約5万8000円
800万円・・・約7万3000円
900万円・・・約8万2000円
1000万円・・・約11万6000円
1100万円・・・約12万8000円
1200万円・・・約18万円
1000万円以上になると、月10万円ほどの貯蓄をしている人が多いようです。しかし、年間手取り収入が1000万円を超える人はあまり多くないことから、毎月10万円以上貯蓄している人も決して多くはないといえるでしょう。

しかし、貯蓄にはコツがあります。以下にご紹介する効率的な貯蓄法を参考に、貯蓄率10%以上、毎月10万円の貯蓄をめざしてみてください。

月10万円以上貯蓄するためのコツ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者やファッション誌元編集長、業界専門紙の記者出身者、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。