日本はだんだん不幸になっている!? 世界幸福度報告2019に見る日本社会の姿

Byjeng / Shutterstock.com

「世界幸福度報告」(World Happiness Report)というレポートをご存じでしょうか。このレポートは、国連の“持続可能開発ソリューションネットワーク”というチームが2012年から作成しているもので、足掛け8年目のレポートが今年3月にリリースされました(全文はこちらからダウンロード可)。

日本はモノに溢れ、そこそこというよりもかなり住みやすい幸福な国と感じている方がほとんどだと思います。筆者もそう思っていますし、たとえいくら他国の幸福度が高かろうと、そこに移住する気なんてさらさらありません。中国やアジア諸国の台頭もあり、日本の経済的地位は相対的に下がってきていますが、日本の幸福度は他国を凌駕しているはずです。余裕綽々でこのレポートを見ていきましょう。

続きを読む

日本の幸福度ランキングは世界156カ国中58位

いきなりショッキングなデータです。このレポートを読む前までは、日本の幸福度は世界ランキング20位前後、良ければベスト10に入っているかなと楽観していたのですが、期待は全く外れてしまいました。

図表1:世界幸福度報告2019・OECD(経済協力開発機構)加盟国の幸福度ランキング

拡大する

注:「The World Happiness Report 2019」より筆者作成


全体では世界156カ国中58位、OECD加盟国36カ国中32位です。なんとお隣の韓国よりも幸福度が劣るという結果になっています。先日サッカーの南米選手権(コパ・アメリカ)で、日本はチリに0 - 4で一蹴されてしまいましたが、チリの幸福度は世界26位です。幸福度でもチリに一蹴されてしまいました。

一体どうなっているのでしょう。

ランキングはこのような観点で算出されている

でも心配することはありません。たかがランキング、たかが数字です。それより中身が重要なんだ!と言いたい読者のためにランキングの算出方法を見ていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

太田 創
  • 太田 創
  • 一般社団法人日本つみたて投資協会
  • 代表理事

関西学院大学卒。1985年、三菱銀行入行。1988年より約10年間、ロンドンおよびサンパウロで資金為替・デリバティブ等の運用、投資信託の管理業務に携わる。
その後、2000年からシティグループ(米)、UBS(スイス)、フィデリティ(米)、GCIにおいて投資信託のマーケティング・商品企画を統括。現在は一般社団法人日本つみたて投資協会・代表理事。
主要な著書には、『ETF投資入門 』(日経BP 2008年)、『お金持ち入門』(実業之日本社 2015年 共著)、『毎月3万円で3000万円の「プライベート年金」をつくる 米国つみたて投資』(かんき出版 2019年)などがある。