「叱らない子育て」こんな子育ては迷惑…周囲がそう感じた瞬間とは

よその子の親が「よし」としていても、周囲に迷惑をかけているなら問題です。とはいえ、よその子にキツく叱るのは抵抗がありますよね。この場合、どのように対処すればいいのでしょうか。ママたちに意見をうかがいました。

・「わが家に遊びに来る友達には、必ず『うちのルールを守ってね』と伝えます。たとえ他人の子でも、言い方に配慮すれば聞き入れてくれますよ」

・「子どもの友達に注意したら、『あのママに叱られた』と親に告げ口されてしまいました。トラブルになったので、それからは相手の親をみて『厄介そうだから注意しないでおこう』と判断しています」

・「『よその子を叱るのは、その親の育児の否定に繋がる』と聞いたことがあるので、あまり注意しなくないようにしています」

まとめ

教育方針は家庭によって違って当たり前。とはいえ、よそに迷惑をかけてもいいというわけではありません。子どもの将来のためにも、その場の状況に応じた子育てをしていきたいですね。

また、教育方針は家庭によってこだわりがある可能性も。思わぬトラブルにならないよう、相手の親の考えを踏まえた対処をするように心掛けておきましょう。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。