「叱らない子育て」こんな子育ては迷惑…周囲がそう感じた瞬間とは

子育ての方法には、さまざまな種類や考え方が存在します。ところが、なかには周囲から煙たがられる子育てもあるようです。

とくに話題になるのは、メディアなどで目にすることの多い「叱らない子育て」。周囲のママたちは、この子育て方針にどのような印象をもっているのでしょうか。

「叱らない子育て」は迷惑?

賛否両論である、「叱らない子育て」。ここでは、反対派の意見を聞いてみましょう。

・「叱らない子育てを実行しているママ友の子は、ものすごく自分勝手。みんなのおもちゃは独占するわ、お友達には乱暴するわ…もう大変です。それなのに、ママは『あらあら。あなたはいい子でしょ』と笑っているだけ。なんだか納得いきません」

続きを読む

・「姉が叱らない子育てをしています。先日、姉の子が包丁を触っていたので『なにやってるの、危ないでしょ!』と言って包丁を取り上げました。すると、子どもの泣き声を聞きつけた姉が『みんなの前で子どもを叱るなんて!この子に謝って!』と激怒。もう言い返す言葉もありませんでした」

・「幼稚園の保護者会で、『うちでは叱らない育児をしています。先生たちも配慮してくださいね』と言っているママがいてびっくり。『うちの子はナイーブだから』なんて説明していましたが、実際は超わんぱくな子で周囲の子をいじめているのに」

実際に叱らない育児をしている親子の様子から、「これはちょっと」と感じるママが多いようです。子どもに善悪の判断力を身につけさせるためにも、ときには叱ることも必要なのかもしれません。

「人前で子どもを叱ること」に抵抗がある理由

「なにがあっても叱らない」というのも考えものですが、「周囲に人がいる状況では子どもを叱りにくい」と捉えているママもいるようです。その理由をうかがいました。

・「外で子どもに叱ったあと、『まだ子どもが小さいのに、強く怒りすぎたかも』『周囲から虐待だと思われたかも』と不安になってしまいます。周りからどのように見られているのか、気になって仕方ありません」

・「叱る、叱らないというより、『親が申し訳なさそうにしているか』をチェックされている気分になる」

最近では虐待のニュースが世間を騒がせていたり、親の態度にあれこれ言われたりする場面も多くなりました。その影響により、ママたちが周囲からの目線に敏感になるケースもあるようです。

「あの親はどうして子どもを叱らないんだ」と感じさせる親は、心のなかで「虐待と思われたら嫌だ」という思いがあるのかもしれません。

マナーの悪い子への対処法は

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。