老後資金は30歳から貯めるが吉!お金を扱うプロ直伝の貯金術

「まだまだ先のことだから…」と、つい後回しにしてしまいがちな老後資金。30歳の方にとっては、意識する機会が少ないテーマかもしれません。

でも、老後の生活はいつか必ずやってきます。退職目前で焦って貯金し始めても、十分な資金を短期間で貯めるのは難しいでしょう。

そこで今回は、30歳から取り組んでおきたい貯金術をご紹介します!老後に備えて、今のうちからお金を貯めておきましょう。

老後資金は30歳から貯めるが吉!

続きを読む

30歳の今だからこそ、今後の長い人生における貯金計画を立てておきましょう。頭の中で考えるのではなく、実際にロードマップを書き出していきます。

「何歳になったらマイホームを購入したいか」「退職するのは何歳頃か」といったライフイベントだけでなく、車を買い替えたい時期や望んでいる子ども人数とタイミングも記入しください。

全ての項目が書き込めたら、それぞれのシーンに必要な金額も添えていきます。「将来はこんなにお金がかかるのか」と改めて実感するのではないでしょうか。これから先に必要なお金を用意するためにも、「早いうちから貯金に取り組んでおくべきだ」と意識するきっかけにもなるでしょう。

お金を扱うプロ直伝の貯蓄術

続いて、お金を貯める具体的な方法を学んでいきましょう。1つずつ取り組んでいくうちに、貯蓄が習慣化されていきます。

お金の整理をする

まずは金銭面の整理をすることで、貯蓄しやすい環境を整えておきましょう。給与が支払われる銀行口座しか所持していない方は、貯蓄用の口座を開設するのもいいでしょう。「ここに入金したお金には手をつけない」と線引きすることができます。

また、奨学金や住宅ローンなどの借り入れがある場合は、残金や利率などを整理しておきましょう。2つ以上の借り入れがある方は、おまとめローンや乗り換えも検討してくださいね。

積立定期預金に預ける

積立定期預金を利用すると、毎月一定の金額を自動で口座から引き落とし、積立定期預金として振り替えてもらえます。振り返られたお金は簡単に手がつけられないようになるため、貯めるべきお金をしっかりキープすることができますよ。

資産形成に取り組む

貯蓄をより増やしていくために、投資に挑戦するのもいいでしょう。なかでも「つみたてNISA」は非課税枠が設けられているため、節税の効果を受けられるメリットもあります。

世帯年収500万円夫婦が見直した2つのこと

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。