投資とは全てギャンブルである

copy URL

「投資なんてギャンブルだから、いかがわしい」と眉をひそめる人がいる一方で、投資の入門書を読むと、大体「きちんと勉強して、長期的なスタンスで取り組めば、投資はギャンブルではありません」などと書いてあります。私はこれは、どちらも間違えていると思います。

投機と投資

投機とは「短期的な価格変動の目論見から、利ざやを得ようとする行為」と定義されており、一般的なギャンブル(バクチ)のイメージとぴったり一致します。

続きを読む

特に、バイナリーオプションやFXなどで根拠もなく直感的に取引している一部の人は、丁半博打をしているのと一緒と言われても仕方ないでしょう。

ただ、「長期的、理論的」に投資を行えばそれはギャンブルではないのでしょうか。私は、どんな方法を取ったとしても、投資とは本質的にギャンブルだと考えています。

株価や金利、為替の動きが正確に予測できない(しても当たらない)以上、その値動きにベットする行為は全て、ギャンブルでしかあり得ません。

短期の投資と長期の投資

「長期投資は安全である。過去20年間、インデックスに投資し続けていたとしたら何パーセント儲かっていたことになる」などと喧伝する人達がいます。一見正しいように見えますが、これも間違っています。

バブルの絶頂期に投資を開始してしまえば、その後の期間は20年であろうが30年であろうが負けてしまいます。

100年くらい持ち続ければいつかはまた大バブルが発生して、勝つこともあるかもしれませんが、ケインズが言うように「長期的には、我々はみんな死んでいる」んです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
安田 修
  • 安田 修
  • フラスコ代表、㈱シナジーブレイン代表取締役

コミュニティ・プラットフォーム『信用の器 フラスコ』代表。オンラインサロン『人生計画研究会』など多数のコミュニティの立ち上げ、運営に関与。「誰もが自由で、好奇心あふれる生き方ができる世界を創る」をミッションとして活動。