就活を左右する!OB・OG訪問時に知っておきたいルールとマナー

OB・OG訪問では、あなたの知りたい情報をたくさん提供してもらえるでしょう。自分から率先して話さなくても、向こうがどんどん話題を出してくれるパターンもあります。

そのため、つい受け身になって話を聞く一方になってしまうことも。好感を得るためにも、ときには自分から話を進めて相手に楽しんでもらえるようにしましょう。

学部やサークルなどの共通点があれば、それをメインに話すのもおすすめ。なかなか共通点が探し出せない場合は、その日の天候に関する話題でも大丈夫です。うまく会話のキャッチボールをしながら、コミュニケーションをとっていきましょう。

話のネタを用意するために、普段から新聞などの情報に目を通しておくのも大切です。といっても、無理に難しい話題に繋げる必要はありません。自分の思った感想を簡単に伝えるだけでも、「学生らしい考え方だな」「そういう捉え方もあるんだな」と十分喜んでもらえるはずですよ。

まとめ

「当たり前のこと」と感じた方も多いかもしれませんが、その「当たり前」ができない一部の学生がいるのも事実です。ルールを守れない人を見て「この人と一緒に働きたい」とは思えませんよね。学生気分は一旦ストップさせて、社会人としてのマナーやルールを守るようにしておきましょう。

OB・OG(オービー・オージー、old boy・old girl)とは
その学校の卒業生のこと(例:「○○大学OB」)。特に部活動に所属していた者について呼ばれることが多い(例:「○○大学○○部OB」)

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。