就活を左右する!OB・OG訪問時に知っておきたいルールとマナー

就活をしていると、OB・OG訪問をする機会もでてくるでしょう。そんなとき、どのような点に気をつけて臨めばいいのでしょうか。事前に知っておきたいルールやマナーをまとめてみました!

OB・OG訪問で気をつけたいルールとマナー

社会人なら当たり前のルールでも、学生気分でついルールを守れないケースも少なくありません。OB・OG訪問において注意しておくべき点を、しっかりチェックしておきましょう。

時間は厳守する

OB・OG訪問だけでなく、就活のあらゆる場面で時間厳守は当然のマナーです。ところが、大学生としての生活が続いていると、つい気が緩んで遅刻してしまうケースも珍しくありません。約束の時間には必ず現地に到着できるよう、余裕をもって行動するように心掛けましょう。

続きを読む

万が一、電車の遅延など予期せぬ出来事が発生した場合は、できるだけすぐに連絡を入れましょう。そのあと、直接謝罪の言葉を伝えることも大切ですよ。

礼儀を忘れずに

対応してくれるOBやOGは、普段の仕事をしながらあなたとの時間を用意してくれています。それなのに「私から聞きたいことはなにもない」「向こうから色々教えてくれるのは当然」といった態度だと、相手からの印象は一気に悪くなってしまうでしょう。

相手の話には意欲的に耳を傾け、興味をもって対応することが大切です。わざわざ自分のために時間を作ってくれたことに感謝し、礼儀をもって行動するように意識しておきましょう。

清潔感に配慮する

初めて会った相手の服装が乱れていたり、爪が伸びた状態だったりすると、「清潔感のない人だな」「だらしないな」というような第一印象を感じますよね。もしそのような格好でOB・OG訪問に参加すると、あなたに対する好感度も低くなってしまうでしょう。

スーツはシワになっていないか、靴はピカピカの状態か、爪は短く切ってあるか…。家を出る前に、鏡を見て全身を確認しておくと安心です。「本番の面接だけ気をつけよう」といった考えはやめておきましょう。

どんな場所でも油断しない

集合場所に近づいたら、「いつどこで関係者がいるか分からない」と気を引き締めておく必要があります。エレベーターや廊下でベラベラと私語をしていたら、そばにいたのは相手の会社の人だった…なんて可能性も。くれぐれも、会社の悪口や批判には十分注意しておきましょう。

好感を持たれるためには

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。