40歳、50歳、60歳の貯蓄額・負債額から見える「持てる世代」と「持たざる世代」

それぞれの世代によって、貯蓄や負債の状況には差が見られます。その全体を見渡していると、「持てる世代」と「持たざる世代」の存在に気が付くことができるでしょう。両者には、一体どのような違いがあるのでしょうか。お金を貯める方法もあわせてご紹介します!

世代別、貯蓄額・負債額の平均とは?

それぞれの世代では、いくらぐらいの貯蓄や負債があるのでしょうか。総務省が2018年5月18日に発表した「家計調査報告(貯蓄・負債編)-平成29年(2017年)平均結果-(二人以上の世帯)」から、世代別の結果を見てみましょう。

続きを読む

世代別の一世帯あたり貯蓄現在高平均値
40歳未満:602万円
40歳代:1074万円
50歳代:1699万円
60歳代:2382万円
70歳以上:2385万円

ご覧のように、世代とともに金額も上がっています。なお、一世帯あたりの貯蓄現在高の平均値は1812万円となりました。

世代別の一世帯あたり負債現在高平均値
40歳未満:1123万円
40歳代:1055万円
50歳代:617万円
60歳代:205万円
70歳以上:121万円

貯蓄とは反対に、若い世代ほど負債額が大きい結果となりました。これには、マイホーム購入に伴うローンが影響していると考えられます。この数字だけ見ると負債超過分に目が行きがちですが、住宅や土地の資産価値なども考慮しておきましょう。なお、一世帯あたり負債現在高の平均値は517万円でした。

「持てる世代」と「持たざる世代」って?

先ほどの世代別の負債・貯蓄額を見ると、40歳未満の貯蓄現在高平均値(602万円)に比べてシニア世代は60歳代:2382万円、70歳以上:2385万円と、4倍近い差があることが分かります。さらに、40歳未満の負債額は10年間に365万円も増えている点も見逃せません。

社会保険料が値上がり傾向にあり、16歳未満の子どもの扶養控除も廃止された現在、家庭の負担が増えたケースも多く見られます。一方、シニア世代は生涯賃金をしっかり得られ、十分な退職金が手に入った人も多いでしょう。

世代別貯蓄現在高のなかで「持てる世代」と「持たざる世代」が分かれているのは、そのような世代間の違いが影響していると考えられます。

お金を貯めるための3つの行動

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。