子どものささいなケガにも激怒する夫…妻は夫に謝るべき?

やっと歩きはじめた子どもの歩行はまだまだ不安定…コケてしまうことも多々ありますよね。保護者が側にいても防ぎきれない事故は起こりえます。

そんな子どものケガに対して、夫から「お前がちゃんと見ていなかったからだろ!」と激怒されたら、果たして妻は謝るべきなのでしょうか?それとも?筆者のママ友が経験した実話を元に考えます。

子どもにケガをさせるのが怖く、外遊びもできないなんて

筆者には、自宅最寄りの保育園の園開放で仲良くなったママ友がいます。園開放とは、在園児以外の乳幼児が、保育園の園庭や保育室で自由に遊べる子育て支援事業の一環です。

続きを読む

彼女との最初の出会いは、お互いの子どもが生後10ヶ月頃のこと。双方ともに男の子のママ、そして子どもの誕生日がたった3日違いという縁もあり、すぐに仲良くなりました。彼女と会える週に1度の園開放は、筆者にとって育児の息抜きとなるお楽しみイベントとなりました。

とある日、彼女から相談を持ちかけられました。

「今朝、自宅で子どもがつたい歩き中にコケて、おでこをケガしたんだけど、どうやったら早く治るかな?」と言うのです。そこで傷を見てみたのですが、薬も要らないのでは?と思うほどの小さな傷でした。

「このくらいのケガなら気にしなくて、大丈夫、すぐ治るよ!うちはこんなケガ、これまで何度もさせちゃっているわ!」と答えると、彼女は驚きと動揺からか普段より早口ぎみに、「こんなケガをさせたのが主人にバレたら、何を言われるかわからない!」と。詳しく聞いたところ、彼女の旦那さんは1人っ子の長男坊で、初孫であり、唯一の孫である彼女の息子を溺愛しているそうなんです。

そのため、ちょっとでも息子がケガをすると、「お前が側にいるのに、どうしてケガするんだよ!ちゃんと見てなかったからだろ!」などと激怒し、挙句の果てには蚊に刺された跡を見て、「なんで蚊に刺されているんだ!かわいそうに!まだ小さいんだから、外に出すな!」などと暴言を吐いたというのです。

その激しい口ぶりに彼女は謝ることしかできず…また夫の前ではいつも謝っている気がするとも言っていました。その影響から、公園はおろか、マンションのベランダで遊ぶことさえ怖くなり、週に1度の園開放以外はずっと自宅に引きこもっていると言うのです。自分とは全く異なる環境で育児をしている彼女の状況に唖然としたのを覚えています。

ママ友&息子さんと1年半ぶりに再会して

子どもが2歳になる頃、筆者が仕事を始めたため園開放には行けなくなり、彼女と会う機会もなくなりました。

時は流れ、子どもが3歳になる年の春に通い始めた地域のスイミングクラブで彼女と再会したのです。スイミングクラブのクラスも一緒で、プールサイドにいた筆者と息子を見つけて、彼女の方から話しかけてくれたのです。スイミングのレッスンが終わってから、会えなかった期間の話や現状など、いろいろ語り合いました。

今も彼女の夫は、子どものケガなどに超敏感で声を荒げることがあるそうです。特に風邪などの病気にも厳しく、原因はなんだ?どこで感染したんだ?なぜ感染したんだ!?などと、問い詰めて来るそう。そのため、冬場にはショッピングセンターなどに出かけることさえも気が引けるのだとか。

しかし、そんな彼女がなぜスイミングスクールのレッスンに通えることになったのかと聞くと…「息子が風邪を引きやすいことをかかりつけの小児科医に相談したところ、“適度な運動をして免疫力や体力を上げることも風邪予防に効果的”と言われたことを夫に勇気を出して相談した」と。

すると、ケガの心配が少ないスイミングであればと、夫のOKが出たそうなのです。彼女が嬉しそうに話す姿はとても印象的でした◎

子どものケガや病気に過敏な夫への正しい対応とは

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

MRとして8年間勤務した製薬会社を退職後、2人の子を持つママライターに。ヒトが産まれる・生きる・死ぬ…それぞれのステージで巻き起こる人間模様を独自の目線でお伝えします。