もし平成の時代にしていたら?つみたて投資は得か損か

「投資」という言葉を聞くと、どのようなイメージを思い浮かべますか?「お金を増やせるチャンスがある」というポジティブなイメージを挙げる人もいれば、反対に「損をしそう」と感じる人もいるのでは。

せっかくコツコツと積み立てた投資で損をするのは、誰だって避けたいですよね。そこで今回は、つみたて投資について詳しく学んでいきましょう。

日本人が「投資なんて儲からない」と考える理由は?

ほかの国と比べ、日本では「投資は儲かる」と考える人が少ない傾向にあります。それには、「日本株の低迷」による影響が考えられます。

続きを読む

日本株が低迷をしているのは、30年ほど前からのこと。もし平成元年に日経平均株価に投資したとすると、30年経った今では半分の価値になっています。その一方、米国株やドイツ株に投資していた場合は、30年間で10倍の価値が得られます。

資産の半分以上を投資に充てているアメリカ人やドイツ人に比べ、日本人が投資するのは資産の10%以下という低さです。これらの状況から、日本人は「日本株が低迷し続けてきたこと」、そして「投資の知識を学ぶ機会の少なさ」によって投資に対して消極的になっていると考えられます。

平成30年に毎月つみたて投資したらどのくらい損をした?

投資を考えている人が気になることと言えば、「損をするかどうか」ではないでしょうか。そこで、平成30年に毎月つみたて投資をしていたら、どのような結果だったのかを確認してみましょう。

運用パフォーマンス計算の前提は以下の通りです。
・平成30年1月から毎月1万円をTOPIXのインデックスに投資をする
・毎月末(営業日)のTOPIXの終値で購入(12月分は12月25日に購入したとする)
・総資産を計算するTOPIXの株価指数は平成30年12月25日終値ベース
・売買手数料及び買付手数料は考えない
・信託報酬は考えない

毎月1万円を投資する前提なので、1年間に12万円を投資したことになります。また、TOPIXの株価指数が上昇すれば購入数量が減り、株価指数が下落すれば購入数量が増えます。

平成30年1月末のTOPIXは1837ポイントでしたが、12月25日には1416ポイントまで下落しています。年間を通じて見てみると全体的に右肩下がりの相場となり、TOPIXの毎月の購入数量は年後半にかけて増えきました。

その結果、今年から投資した資産金額の合計は9万9601円に。投資金額合計の12万円のうち、約17%分の資産が減ったことになります。

「つみたてNISA」について学ぶ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。