大学1年生を待ち構える「自己責任」と「トラブルの種」

インターネットは便利だが、便利なものは危険である。ナイフも自動車もインターネットも(笑)。

まず、偽の情報に注意だ。君たちが騙されることも問題だが、騙された君たちがその情報を「リツイート」したり「シェア」したりすると、君たちも加害者になってしまうかもしれないからだ。

今ひとつ注意が必要なのは、ネットに出た情報は誰が見るかわからない、ということだ。警察官に見られても、君を狙っているかもしれない犯罪者に見られても、親や先生に見られても、就職試験の面接官に見られても、構わないような情報だけをネットにアップしよう。

孤独にならないように

高校時代は、いつも同じメンバーが同じ部屋で授業を受けていたので、友達が作りやすかったが、大学はそうではない。履修する科目が異なると、学籍番号が隣であっても滅多に会わないという可能性だってある。したがって、努力しないと友達ができないかもしれない。

友達ができると、楽しい大学生活が送れる、というだけではない。様々な情報が得られることも大きなメリットだ。安くておいしい店を探すことも、自分一人では容易ではない。どの店の看板にも安くておいしいと書いてあるからだ。そんな時には、友人に「君が行ったことがある店で安くておいしいところがあったら、一緒に行こう」と誘えば良いのだ。

履修科目の登録に際しても、「講義が面白い先生」「単位をとるのが非常に大変な科目」などの情報は、大学の公式書類には載っていないから、友人に聞くのが良かろう。お互いに知っている情報を交換すれば、お互いのメリットになるのだから。

就職活動の際にも、どの会社で何の質問をされたか、どこの会社がブラック企業か、といった情報は、会社の公式文書からは得られないので、友達と情報交換することは重要だ。

そこで、友達を作ろうという話になるわけだが、友達を作るのが一番簡単なのは入学直後だ、ということをしっかり認識して頑張ってほしい。入学直後は、他の新入生たちも友達を作りたがっているからだ。

何週間かすると、友達のグループが多数できるはずだ。その中に後から加わるよりも、最初にグループができる時に参加する方が簡単だし、遊びに行く場所や曜日の希望も述べることができるはずだ。

色々話したが、あらためて入学おめでとう。君たちが楽しくも充実した学生生活を送ることを祈っている。

本稿は、以上です。なお、本稿は筆者の個人的な見解であり、筆者の属する組織その他の見解ではありません。また、厳密さより理解の容易さを優先しているため、細部が事実と異なる場合があります。ご了承ください。

<<筆者のこれまでの記事はこちらから>>

塚崎 公義

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
塚崎 公義

1981年 東京大学法学部卒業、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行
おもに経済調査関連業務に従事した後、2005年に退職し、久留米大学へ。
現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と関係なく個人として行なっているため、現職は経済評論家と表記したものである。
(近著)
なんだ、そうなのか! 経済入門
老後破産しないためのお金の教科書
経済暴論: 誰も言わなかった「社会とマネー」の奇怪な正体
一番わかりやすい日本経済入門
日本経済が黄金期に入ったこれだけの理由
(雑誌寄稿等)
Facebook、NewsPicks、アメブロ等にて適宜ご紹介