ホンダ英国生産撤退の衝撃。カーメーカーで相次ぐ生産見直し

PhotoStockImage/Shutterstock.com

ブレグジット(EU離脱)の議論に揺れる英国ですが、Hondaが2019年2月に英国での生産を2021年中に終了するとの発表をしました。欧州での日本の自動車メーカーの事業展開は国内ではあまり報じられないですが、今回は数字をもとにその影響の度合いについて見ていきましょう。

Hondaが英国からの生産撤退を発表

EU離脱に揺れる英国ですが、その英国に工場を持つHondaが2021年中に生産を終了すると発表しました。

続きを読む

英国の四輪車生産会社である「ホンダオブザユー・ケー・マニュファクチュアリング・リミテッド」の従業員に対して、2021年中に完成車の生産を終了する方向であることを説明し、労使間での協議を開始したとしています。

英国のEU離脱問題はあるにせよ、欧州での販売シェアが低いホンダが世界的な生産体制の見直しに先手を打った形です。

同社によればHonda of The UK Manufacturing Ltd. の従業員数は約3500人。設立は1985年2月で、エンジンの生産開始は1989年、また完成車の生産開始は1992年とされています。

Hondaは英国で生産台数第5位の自動車メーカー

Hondaの海外事業と言えば米国が有名です。一方で英国を含むや欧州ではHonda車の存在感は米国とは比較とはなりません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 石井 僚一
  • コラムニスト/元ベンチャーキャピタリスト

岡山大学法学部卒。大手証券グループ投資会社を経て個人投資家・ライターに転身。株式市場や個別銘柄の財務分析、為替市場分析を得意としている。ライターとして複数媒体に寄稿中。