思わぬ出費に遭遇!?子育てが金銭面に与える様々な影響

子どもが生まれると、毎日が体力との戦いですよね。金銭面の悩みを抱える人もでてくるでしょう。「でも、まだ子どもが小さいうちは出費が少ないから」と思ってはいませんか?状況によっては、子育て関連の出費が予想より膨らむこともあります。子育てが金銭面に与える影響を確認していきましょう。

若さと体力が子育ての金銭面に与える影響とは?

厚生労働省が発表した人口動態統計では、2017年の第一子出産年齢は全国平均で30.7歳であることが分かりました。この数字は年々上昇傾向にあり、高齢化はこれからも続くと予想されています。その一方で、「子育ては体力勝負よ」「若いうちに産んだほうがいい」という声も。若さと体力は、子育ての金銭面にどのような影響を与えるのでしょうか。

続きを読む

体力で金銭面をカバー

小さな子どもを連れていると、外出するのも一苦労。検診や予防接種に行くだけでも、想像以上の体力が必要になります。途中で体力が切れてしまい、「疲れたからタクシーに乗ろう」「ベビーシッターに頼ろう」というケースもあるでしょう。

体力がある人は、余分な交通費や家事の代行サービス代などが発生しにくいため、金銭的な負担を抑えることができます。

不妊治療をする可能性

母体の年齢が若いほど、妊娠しやすいことが明らかになっています。そのため、30代半ば頃に「そろそろ子どもが欲しいな」と思っても、なかなか妊娠できない可能性も。不妊治療に取り組んだ結果、治療費が高額になる場合も珍しくありません。

妊娠のしやすさには個人差がありますが、「若いうちに出産しておけば、不妊治療のお金を使わなくてよかったのに…」となることも考えられます。

保育園無償化で楽になる?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。