トイトレは無駄なのか!? 我が家流トイレトレーニングのやり方①

「あなたの小さい頃なんて、2歳にはもうおむつなんてしてなかったわよ」と、上から目線の母の言葉。

「今は紙おむつだから、濡れても本人は平気なの!」と反論しつつも、いつになったらおむつを卒業できるのか当時の私は内心ずっと心配していました。

一生懸命訓練すれば、おむつがとれる。親の努力が足りないといつまでたってもおむつがとれない。頑張り屋さんのママは、そう思っていませんか? でも、ちょっとカン違いかもしれませんよ。子供だって意志を持つ立派な人間なんです。

続きを読む

我が子は現在2歳と4歳。まずは4歳児長男の、おむつ卒業の軌跡を記します。

4歳長男、おむつ卒業3歳9カ月

長男のおむつは長引きました。よく言えば意志の強い、悪く言えば言うことに耳を貸さないタイプで、私や先生のトイレへの誘導は最後までほとんど聞きませんでした。

しかし2歳ごろからパンツを履きはじめた時期もあったのです。この調子なら行けるかも!と嬉しく思っていると、いきなり「もうパンツはかない」と宣言。理由を聞くと「おもらしすると恥ずかしいから」とのこと。

おもらしなんて誰だってあるよ、大丈夫だよ、できるようになるよ!

必死にフォローしようとするもこちらの気持ちは彼に届かず、失敗をおそれた長男はそれ以降、3歳になってもパンツに手を伸ばすことはありませんでした。

お尻丸出しで出かけるわけにも行かず、しぶしぶおむつを用意する日々。「私は親として失格なのではないか」と自分を責めたりもしました。

そうこうするうちに保育園の同じクラスの子はみんなパンツに。先生にそのことを告げられても本人はわざと遠くを見て知らん顔。彼なりに気まずく感じてはいるようでしたが。

プライドが高いのか? 頑固なのか? 我が子ながらもうどうしていいかわからず、こんなんで将来やっていけるのかとどんどん心配は膨らんでいきました。

と、そんなある日……。

「今日からパンツ、はくことにする」と彼からお告げが! どうして今日、パンツにすることにしたのか? 先生も私も夫もまったく心当たりがありません。こちらはただ「そうですか。わかりました!」と答えるのみです。

それから彼いわく、「パンツが足りないからユニクロにいく」

これにも「はい、わかりました!」と夕方ユニクロに直行するのみ。パンツをしこたま仕入れ、帰ってきました。

その日以降、彼は本当に昨日までおむつだったのかというほど見事(!)におしっこし、難なくうんちもして(おまるですが)失敗もありませんでした。パンツになってからは夜もおねしょしたことがありません。今になってもこちらの誘導には耳を貸さず、必ず自分のタイミングで用を足しにいきます。

彼なりに、完全に失敗しない自信を得るまで待っていたのでしょうか。とにかく親の出る幕ないよねーとつくづく感じた長男のおむつはずれでした。

トイレトレーニングって本当に必要?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

早稲田大学第一文学部東洋哲学科卒。都内編集プロダクション勤務後、情報誌ライターや予備校講師を経る。現在2歳と4歳を高齢育児疲弊中。学生時代はバックパッカー。