日本の超富裕層、50億円以上の純資産を持つ人は何人?

富裕層というと、どういった人々を思い浮かべますか。今回は世界有数の金融機関であるクレディ・スイスの「2018年 グローバル・ウェルス・レポート」と総務省の家計調査を参考に、日本のお金持ちについて見ていきましょう。

富裕層の人数でトップは米国、日本は?

2018年10月にクレディ・スイスが発表した上記のレポートによると、100万米ドル(約1億1000万円)以上の資産を有する成人の数で、世界第1位は米国の1735万人、2位は中国の348万人、日本は3位の280万人でした。

続きを読む

同レポートでは、100万米ドル以上の資産を有する成人を「ミリオネア層」、5000万米ドル(約55億円)以上の純資産(資産から負債を引いたもの)を有する成人を「超富裕層」と呼んでいます。その超富裕層、日本では3580人で世界で5番目に多いという結果になっています。

日本のお金持ちは高齢者?

次に日本の、特に高齢者世帯の貯蓄について、2018年5月に総務省統計局が発表した「家計調査報告[貯蓄・負債編]平成29年(2017年)平均結果の概要(二人以上の世帯)」の概要を見てみましょう。

なお、このデータは総務省が「高齢者世帯」として定義する「二人以上の世帯のうち世帯主が60歳以上の世帯」の2017年平均の貯蓄現在高を示すものです。また、ここでいう「貯蓄」には、銀行等への預貯金だけでなく、株式、債券、投資信託、生命保険なども含まれます。

高齢者世帯では貯蓄現在高2500万円以上が3割

同調査で高齢者世帯の貯蓄現在高を見ると、平均値は2384万円という結果でした。一方、貯蓄現在高の中央値は1639万円で、平均値よりも低い水準です。中央値というのは、データを小さい順(あるいは大きい順)に並べた真ん中の値のことです。そして、貯蓄現在高2500万円以上の世帯は34%と、全体のおよそ3分の1です。

貯蓄現在高4000万円を超える世帯は18%

驚くべきは、貯蓄現在高4000万円を超える世帯が約18%、ざっくり言うと5世帯に1世帯という点です。その一方で貯蓄現在高500万円以下の世帯は20%存在しています。4000万円以上と500万円以下とがともに2割と、格差が顕著になっていることがわかります。

お金持ちの特徴とは?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。