我が家は平均より上か下か?全世帯の貯蓄と負債の平均額

「よそはよそ、うちはうち」とは言うものの、どうしても気になるよそさまの家計事情。「貯蓄はいくら?」「住宅ローンはどのくらい残っているの?」なんてストレートには聞けないけれど、他の家庭がどのくらいお金を貯めているのかは知りたいですよね。

そこで今回は、貯蓄額や負債額の平均に加え、それぞれの近年の傾向をご紹介致します!この機会に、ご自身の家計の位置づけを把握しておきましょう。

負債額の平均金額・中央値は?

続きを読む

2017年に総務省が発表した「家計調査報告[貯蓄・負債編]」によると、全世帯での負債平均額は517万円という結果でした。この数字には、住宅を購入していないなど、負債を抱えていない世帯も含まれています。

また、負債を抱えていない世帯を除いた「負債保有世帯」については、以下の通りです。

2人以上の世帯の負債の平均額:1379万円
2人以上の世帯の負債の中央値:1080万円
(負債保有世帯の比率は37.5%)

住宅ローンなどの負債を抱えている家庭だけをピックアップすると、全世帯を対象とした517万円よりもはるかに高い結果となりました。さらに、2人以上世帯の約6割が「負債なし」という点もポイント。現在の日本では、負債がある2人以上世帯は少数派のようです。

平均負債額の推移をチェック

ではここで、過去との数字と比較してみましょう。先述した通り、2017年の平均負債額(2人以上世帯)は517万円という結果でした。2011年は462万円だったため、6年間で55万円の増加となります。また、2017年の負債保有世帯のみの平均負債額は1379万円でしたが、2009年の1184万円より195万円も増えています。

その一方、2017年の負債保有世帯は37.5%ですが、2008年は41.1%という数字でした。負債保有世帯は減り、平均負債額は増えている傾向にあることがうかがえますね。

貯蓄の平均金額・中央値は?

次に、同じ調査の貯蓄額をみていきましょう。2人以上世帯の貯蓄額の調査結果は、以下の通りです。

貯蓄の平均額(貯蓄現在高):1812万円
貯蓄額の中央値:1074万円

年間収入:617万円
貯蓄の年収比:293.7%

なお、貯蓄額の中央値は、貯蓄額がゼロの世帯を除いたものです。貯蓄額がゼロの世帯を含めると、1016万円に下がります。

平均貯蓄額の推移をチェック

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。