我が家は平均より上か下か?全世帯の貯蓄と負債の平均額

2017年の平均貯蓄額(2人以上世帯)は、1812万円であることが判明しました。その一方で、2009年の調査では1638万円という結果に。10年ほどで、100万円以上も増加していることが分かります。

また、2017年の1074万円だった中央値は、2009年の988万円から80万円以上の増加が見てとれます。

「貯蓄」に含まれる項目は?

今回取り上げた総務省の「家計調査報告[貯蓄・負債編]」では、貯蓄を以下のように定義しています。先ほどのデータを見て「わが家の貯蓄額とかけ離れている」と感じた方は、投資信託や社内預金などの存在を忘れていないか確認しておきましょう。

ゆうちょ銀行、郵便貯金・簡易生命保険管理機構(旧郵政公社)、銀行及びその他の金融機関(普通銀行等)への預貯金、生命保険及び積立型損害保険の掛金(加入してからの掛金の払込総額)並びに株式、債券、投資信託、金銭信託などの有価証券(株式及び投資信託については調査時点の時価、債券及び貸付信託・金銭信託については額面)といった金融機関への貯蓄と、社内預金、勤め先の共済組合などの金融機関外への貯蓄の合計

まとめ

平均貯蓄額・平均負債額ともに、近年では増加傾向にあることが分かりました。その一方、負債保有世帯は減少傾向に。今後の動向は定かではないものの、だからこそ老後の資金はしっかりと備えておきたいものです。今回の結果を踏まえて、資産形成の計画を立ててみてくださいね。

 

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。