中国の成長率低下は日本の戦後を後追いするのか

中国の成長率が低下して来たのは、日本の高度成長期の終了と同じ理由だ、と久留米大学商学部の塚崎公義教授は説きます。

*****

中国の成長率は、かつては2桁も珍しくありませんでしたが、最近は6%台が多いようです。しかし、そのこと自体は中国の不振を示すものではなく、日本でもどこの国でも当然のように起きることなのです。今回は、中国の経済成長率について考えてみましょう。

高度成長は永続しない

日本の高度成長期が石油ショックによって終わった時、高校生だった筆者は「仕方ない。高度成長が永遠に続くはずはないのだから」と言われました。それは、今思えば真実でした。高度成長が永続しないメカニズムが働くので、当時の日本でも今の中国でも他の途上国でも、高度成長は永続しないのです。

続きを読む

そこで最近の筆者は、中国経済等の担当者に対して「日本の高度成長期から安定成長期について学んでおくと良い」とアドバイスをしているわけです。

理由の第一は農村からの労働力供給が止まること、第二は機械等の普及により労働生産性の上昇が止まること、第三は産業構造の変遷によって労働生産性の上昇が止まること、です。

日本と中国の類似点については、それらに加えて「少子高齢化により労働力の供給が細ると同時に労働生産性の上昇が止まること」も挙げられるでしょう。今ひとつあるかもしれませんが、それについては後述します。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
塚崎 公義

1981年 東京大学法学部卒業、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行
おもに経済調査関連業務に従事した後、2005年に退職し、久留米大学へ。
現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と関係なく個人として行なっているため、現職は経済評論家と表記したものである。
(近著)
なんだ、そうなのか! 経済入門
老後破産しないためのお金の教科書
経済暴論: 誰も言わなかった「社会とマネー」の奇怪な正体
一番わかりやすい日本経済入門
日本経済が黄金期に入ったこれだけの理由
(雑誌寄稿等)
Facebook、NewsPicks、アメブロ等にて適宜ご紹介