「老後のお金がない!」危機を回避する、3つの秘訣とは?

遠いようで、いつか必ずやってくる老後の生活。そんな時に「お金がない」「年金だけじゃやっていけない」と慌てても、どうしようもありません。安心して老後を迎えるためにも、老後のお金は今のうちから貯めておく必要があります。そこで今回は「老後のお金に困らないための3つの秘訣」をご紹介します!

老後の資金の目標額はしっかり定める

大きな金額が必要な老後の資金は、短時間で一気に貯めるのが困難です。そのため、できるだけ若いうちから「将来はいくら必要なのか」を計算し、スケジュールを立てておきましょう。

続きを読む

まずは「現役時代の生活費の7割」を目安として、平均寿命までの生活費を求めましょう。ただし、老後は医療費が増えたり、現役時代より食費がアップしたりすることも考えられます。ギリギリの生活ができるラインではなく、余裕を持った計算をしておくと安心です。

具体的な金額を把握したら、時間をかけてゆっくり貯めていきましょう。金利の高いところで定期預金をするなど、しっかりガードしておくことが大切です。

将来控えている大きな支出を考慮する

若いうちに始める貯金は、すべて老後用に…というわけにはいきません。それまでのライフステージで、大きな出費が待っていることが多いからです。

そこで、今後大きなお金を使う予定をリストアップしておきましょう。特に多いのは、マイホームの購入が考えられます。いつか家を買う予定のある人は、まず頭金を貯めることを目標に取り組みましょう。「頭金はいくらにするか」「何年後までに購入したいのか」を考慮し、老後の資金とは別に貯金額を決めておく必要があります。

まずは、マイカーの購入や海外旅行など、いつか叶えたい夢をすべてあげておきます。それから老後にお金がどのくらい必要なのかを把握し、貯金の計画に組み込んでいきましょう。

老後の資金は投資に利用しない

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆、書籍校閲・校正経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。