我が子に手をあげてしまったら…親がすべきことは何?

子育は、親が子どもを見守り、導き…これから進む道を見誤らないように、広い心と余裕を持って子どもを大きな愛情で包み込んであげること。我が子が生まれた瞬間、「この子を温かく、優しく育ててあげよう」と胸に固く誓った方は多いことでしょう。

でも、そんな想いはあっという間に打ち砕かれてしまいます。だって、子育ては「親と子の真剣勝負」。感情がぶつかりあうことも少なからずあるのです。

娘の驚いた顔が忘れられません

実は筆者も怒りにまかせて娘に手をあげてしまったことがあります。小学校に入学して間もないころのこと。ちょうど算数セットに入っているアイテムすべてに名前を書くという、とてつもなく面倒くさい作業をしていたときです。娘が「算数セットを使いたい、遊んでみたい」と何度も訴えてきました。

続きを読む

「後でね。今は名前を書いているときだから失くしたらいけないから、名前入れが終わってからにしなさい」と伝えると、娘は不満そうな顔で算数セットを見つめていました。

しばらくたったころです。「やけに大人しいな…」と思って娘の方を見ると、名前を入れ終わったアイテムを床に広げて遊んでいたのです。怒りを抑えて「片付けなさい」と静かに言うと、なぜかモジモジする娘。どうしたのか問うと「算数セットの収納ボックスを留めていた輪ゴムを失くした」とのこと。

後で遊びなさい、という言いつけを守らなかったこと、勉強道具を遊びのアイテムに使っていたこと、早速ものを紛失するという意識の低さ。この3つに怒りが爆発、筆者は思わず娘の頬を叩いていました。あのときの娘の一瞬驚いたような顔は今でも鮮明に思いだせます。

そして失くしたと思っていた輪ゴム、実はボックスの底部に固定されていて、見えなかっただけだったのです。あのとき、どうして一呼吸置いて「探しなさい」と言えなかったのか…。今思い返しても胸が痛みます。

子育ての「理想」は、いったん捨てましょう

その後、筆者も色々思い悩みました。「このままエスカレートして虐待してしまったらどうしよう」「子どもの心に深い傷を負わせて、信頼関係が崩れてしまったらどうしよう」と。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

母親として、妻として、そして、ひとりの女性として、人の心に寄り添うような文章を発信していきます。