日本人の優位性が消えていく理由〜親日国ベトナムでも薄れる関心

個人のスキルでしぶとく生きる時代へ

ビジネスの現場では生産性向上が鍵とされていますが、個々人が生産性(創出価値/投入時間)を上げているか反省すべき面もあるかもしれません。知的生産に従事するホワイトカラーは本当に価値を生んでいるか、仕事は真面目で丁寧だが価値のない仕事をたくさんやってはいないか等々、改善の余地はあるでしょう。

日本型経済システムや日本人に対して薄らぐ関心

結果、平成の経済的停滞に甘んじる日本から新興アジアに来た人間としては、ここ10年間ほどで日本型経済システムや日本人に対する関心が薄らいできているような気がしてなりません。

2001年以降、時折、日本政府のODA予算を活用した金融・産業振興関連の調査・コンサルティング案件に従事してきたのですが、途上国政府やカウンターパート機関(現地中央銀行や金融機関等)の感覚が変わってきたようにも感じます。

以前は、高度経済成長を実現した日本型産業振興モデル、中小企業施策、金融政策、銀行審査モデル等々に関する詳細な説明を求められ、それに真摯に答えることで喜んでいただいたと記憶しています。

日本の政策・施策が素晴らしかったゆえに日本経済が発展できたという一種のバイアスがあったようにも感じますが、それはさておき、今、平成の日本経済の停滞を見ると、それほどでもなさそうだと思われているようです。もはや日本での経験や知識が以前ほど価値を持たなくなってきています。

親日国の代表格ベトナムですら変化の兆し

一つの例として、今月、4年ぶりに訪れたベトナムの状況についてお伝えします。

今月10日、シンガポール拠点のグローバルな金融情報プロバイダーであるThe Asian Banker主催による「The Future of Finance」というイベントがベトナムのハノイ市で開催されました。

参加者は地場金融機関の経営陣・中堅幹部・デジタルバンキング担当者、国内外のIT企業・フィンテック企業、ベトナム金融当局等、約200人を超えました。

私は当日、パネリストとして登壇し、また前日は中堅幹部銀行員向け1日ワークショップを担当してSMEバンキングにおける人工知能/機械学習/データアナリティクス等の活用について幅広く議論しました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
大場 由幸
  • 大場 由幸
  • SME Financial Architect x Fintech x Frontier Markets

新潟大学法学部卒業、フィンランドAalto大学 Executive MBA取得、英国オックスフォード大学 Fintech課程修了、米国マサチューセッツ工科大学 AI課程修了。
中小企業金融公庫(神戸、宇都宮、東京)、在ベトナム日本国大使館(ハノイ)、三菱UFJリサーチ&コンサルティング(東京)、東京中小企業投資育成(東京)を経て、2008年4月、クロスボーダー・ジャパン(株)代表取締役社長(東京&シンガポール)に就任。
日系中堅・ベンチャー企業のアジア戦略・財務を支援する傍ら、新興アジア諸国にて多数のSME金融関連プロジェクトに従事し、マレーシア信用保証公社 JICAアドバイザー(クアラルンプール)、ベトナム信用情報センター 世界銀行コンサルタント(ハノイ)、インドネシア経済調整庁 MSME金融包摂アドバイザー(ジャカルタ)、ミャンマー経済銀行 SMEファンド助言チームリーダー(ネピドー&ヤンゴン)等を歴任。
現在、エンジェル投資家/アドバイザーとして複数のフィンテック企業(ロンドン、ニューヨーク等)の経営に関与。ポルトガル政府公認ビジネスエンジェル(アヴェイロ拠点のエンジェル投資家団体REDangelsに所属)。APEC関係機関であるPBEC(太平洋経済委員会)メンバー。マレーシア在住、エストニアe居住。