本物のお金持ちは目立たない? お金持ちの特徴とは

普通の人だと思って接していた人が実は経営者の子息でお金持ちだったという経験はありませんか? 日本にも普通のサラリーマンでは考えられないような多額の資産を持っているお金持ちは存在します。

そもそもお金持ちと呼ばれる人の資産レベルは?

では、そもそもお金持ちと呼ばれる人はどれくらいの金融資産を持つ人のことを指すのでしょうか。野村総合研究所(NRI)が2018年12月に発表した2017年の純金融資産保有額別世帯数と資産規模についての推計および「NRI富裕層アンケート調査」によると、「富裕層」118.3万世帯と「超富裕層」8.4万世帯を合わせた126.7万世帯がいわゆる富裕層とされています。

続きを読む

また、NRIの資料では資産別の各層は以下のように定義されています。

超富裕層:世帯の純金融資産保有額が5億円以上
富裕層:世帯の純金融資産保有額が1億円以上5億円未満
準富裕層:世帯の純金融資産保有額が5000万円以上1億円未満
アッパーマス層:世帯の純金融資産保有額が3000万円以上5000万円未満
マス層:世帯の純金融資産保有額が3000万円未満

なお、上記の調査は金融資産についてのものなので不動産は含まれていません。

お金持ちほどブランド品などをチラつかせない

お金持ちというと高級ブランドの時計やバッグを持ったり、高級外車を何台も所有したりなど派手なイメージはありませんか? 確かにそういうタイプのお金持ちもいますが、本当のお金持ち、特に代々裕福な家柄の人の中には、明らかに自分がお金持ちと分かるような外見を避ける人もいます。

そのため、ぱっと見は意外と普通で地味だったりすることも少なくありません。ただし、あえて安物を選ぶということではなく、上質で長く使えるものや、見る人が見れば一級品と分かるものを身に着けていているなど、良いものにお金をかけています。誰にもわかるようなロゴ入りのブランド品で見栄を張る必要はない、というわけですね。

お金を使うことに対してこだわりがある

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。