2019年を良い年に〜新年を気持ちよく迎えるために今からできること3選

今年も残すところあとわずか。忘年会、年末の挨拶回り、仕事納め...と忙しい毎日だった方も多いかと思います。年末年始の休みは、今年1年を振り返り、来る年に向けて気持ちを新たにするいい機会ですよね。そこで今回は、2019年を気持ちよく迎えるために今からでも間に合う、年末年始のおススメの過ごし方を3つご紹介したいと思います。

1. 自己肯定感を上げる1年の振り返り

皆さんにとって今年はどんな1年でしたか。今年を振り返ることは、「学びや成長の最大化」「自己肯定感の向上」「気持ちのリセット」「来年への期待」につながっていきます。振り返り方は人それぞれですが、より振り返りを深めるための方法を2つご紹介します。

続きを読む

1年を数値化する

良かった点と改善点を数値化することで明確にします。その際、結果だけではなく過程も含めて数値化することが大切です。迷った時は、「昨年と比べてどれだけ成長したか、どれだけできたか」という視点で見ると分かりやすくなると思います。

数値化した後に、良かった点からは何を学んだか、成長したか、得ることができたかを深堀りし、改善点からは改善策を発見し来年に活かす。そうすることで、自分を深く省みることができ、成長を最大化することができるようになります。

できたことTOP5を決める

人は自分を評価する時「できている点」と「できていない点」だと「できていない点」に無意識に着目してしまう傾向にありますが、皆さんはいかがでしょうか。もし「できていない点」ばかり気になって不安が募る場合は、意識的に「できたこと」に着目すると自分へのの評価は好転します。

たとえば、今年できたことTOP5をランキングし、要因の分析(どうしてできたのか)を深堀り。その際に「できたと思っているけど本当にできたのか」を考えると、より深堀できて次に必要な行動や改善点を発見しやすくなります。

2. 行動を停滞させる原因を取り除く

友達へのメール返信、上司への報告、ブログを更新する、親へ感謝の気持ちを伝える...等々。私たちには、何かしらの「未完了」な感情や行動が存在し、この未完了が増えれば増えるほど行動を起こしづらくなったり、停滞してしまう原因になります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
福島 知加

沖縄県出身。大学を卒業後大手教育関連企業での営業職、IT企業での採用・人材育成統括、就職支援機関でのキャリアコーチを経て独立。
現在は中小企業の事業者様向けに人材育成や組織活性の人事コンサルティング、研修講師、キャリアカウンセリングを実施。年間で2000人程の支援に携わっている。
また会社員時代から続けている女性向けプラットフォーム型大学「UPWOMAN大学」を主宰。プライベートでは2018年に8月に第一子を出産し育児にも奮闘中。