会社に在籍中の転職活動で失敗を招く5つのNG行動

転職活動のタイミング

「転職活動はどのタイミングでスタートさせるのがいいのか?」

転職の相談でよく聞かれるこの悩み。著者も3回転職をしていますが、初めての転職活動では在籍中に転職活動をした方がいいのか、退職後にすべきなのか、悩んだことを今でも鮮明に覚えています。

リクナビNEXTが行った転職成功者1000名のアンケート調査によると「会社に在籍しながら転職活動を行った」が63%、「会社を退職してから転職活動を行った」が34%という結果で、会社在籍中の転職活動者が多いようです。では、在職中に転職活動を行うメリットは何でしょうか。

続きを読む

在籍中に転職活動を行うメリット

収入が確保されている

在籍中に転職活動を行う最大のメリットは、収入があるので生活面の不安がなく、心に余裕を持って転職活動ができることです。

納得いくまで転職活動ができる

転職期限に決まりがないため、自身が納得いくまで転職活動を行えると同時に、様々な企業を検索・研究する中で改めて現職の魅力に気づくケースもあります。

キャリアの棚卸しができる

これは在職中の転職に限ったことではありませんが、履歴書・職務経歴書を作成することでキャリアの棚卸しができます。すると自分の性格や経験・能力が見える化され、自身の自信につながったり、今後のキャリアの方向性を見据えることができるようになります。

在籍中の転職活動で注意すべき5つのNG行動

1. 時間をかけすぎる

転職活動には一般的に3カ月程かかると言われています。もちろん採用側のタイミングにもよるので一概には言えませんが、応募したい企業があればスピード感を持って転職活動を進めると成功につながりやすくなります。

中途採用の場合は、空いているポジションが埋まればその求人はクローズになり、「欠員」もしくは「事業拡大による増員」が出ない限り再度オープンすることはあまりありません。

同時に、「欠員補充」の場合はポジションに適した人材であることにプラスして、「1日も早く入社できる人」もしくは「企業が求める入社日に入社できる人」が魅力的に映ります。

そのため、「無理かもな~」と思ってしまう企業でも、すぐにエントリーをするというスピード感で臨むと意外にいい結果に結びつく可能性もあります。

2. 時間の使い方に無頓着

会社に在籍しながらの転職活動で一番頭を悩ませるのがこの「時間」ではないでしょうか。最近では転職サイトを通して簡単にエントリーができますが、選考が進むにつれ、履歴書・職務経歴書の提出や面接選考、面接会場への移動などにかなりの時間を要します。

限られた時間で有意義な転職活動を行うためにも、「空いている時間の活用」と「計画的に有給休暇を取得する」ことをおススメします。たとえば筆者の場合、時間が空いたら希望する企業について調べ、携帯にメモ保存してまとめたり、お風呂中や歩きながら自己紹介・志望動機等を言葉にしていました。

有給休暇は面接選考用にできるだけ残しておき、午前休、午後休に分けて取得が可能であれば、いずれかを取得して面接に臨むとより有効に活用できます。また、オンライン面接OKという企業もありますので事前に確認しておくといいですね。

3. SNSで転職活動を匂わせる

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
福島 知加

沖縄県出身。大学を卒業後大手教育関連企業での営業職、IT企業での採用・人材育成統括、就職支援機関でのキャリアコーチを経て独立。現在は中小企業の事業者様向けに人材育成や組織活性の人事コンサルティング、研修講師、キャリアカウンセリングを実施。年間で2000人程の支援に携わっている。また会社員時代から続けている女性向けプラットフォーム型大学「UPWOMAN大学」を主宰。プライベートでは2018年に8月に第一子を出産し育児にも奮闘中。