未婚化が進むのはなぜ? 既婚と未婚で大きく異なる「幸福度を支えるもの」

皆さんはどんなときに幸せを感じますか? 幸せを感じる瞬間は人それぞれですが、置かれている立場や年代によって「傾向」があるのではないでしょうか。以下にご紹介する調査によれば、既婚者と未婚者では「幸せ」を構成する要素がやや異なるようです。

「家族との人間関係」が幸せを左右する既婚男女

40~64歳の男女1万2,000人に対して行われた明治安田生活福祉研究所の「人生100年時代の結婚に関する意識と実態」によれば、既婚者と未婚者とで、「幸福度に大きな影響を及ぼすもの」に違いが見られました。

続きを読む

既婚男女の場合は、群を抜いて多かった回答が「家族との人間関係」。子どもあり・なしに関わらず半数以上が回答していました。2位・3位には「健康」や「収入」が続きます。

幸福度に大きな影響を及ぼすもの(既婚者)

拡大する


家庭を一緒に運営していく家族がいる安心感や、子育てを通じた喜び、そしてその生活を支える健康やお金は、既婚男女の幸福度の根幹となっているようです。

しかし、逆の見方をすれば、家族のトラブルは幸福度にダイレクトに影響しやすくなるという問題もはらんでいるともいえます。

未婚男女の幸福度を左右するのは?

続いて、未婚男女の「幸福度に大きな影響を及ぼすもの」についてご紹介します。男女でも幸福度に大きな影響を及ぼす要素に違いが見られました。

幸福度に大きな影響を及ぼすもの(未婚者)

拡大する


男女ともに、既婚グループと比較して「収入」の優先度が上がっており、男性は資産を重視する傾向も見られました。また、「仕事」や「知人・友人との人間関係」を重視する割合も既婚者より高くなっています。

仮に、自分の生活に何らかのリスクが降りかかった場合、経済力や健康な体が生活の質を大きく左右します。収入や仕事が日常生活の「安全弁」として作用している側面があるのかもしれません。

40代~60代の男女が考える未婚化の原因は

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

東京外国語大学卒。商社の営業職、専業主婦を経てライターに。男女の働き方、子育て世代の消費動向などに関心がある。