養老保険や学資保険など貯蓄型保険を人気ランキングだけ決めて大丈夫か

決める前に知っておきたい貯蓄型保険の基礎知識

Andrey_Popov/Shutterstock.com

効率的にお金を貯める方法として、よく耳にする「貯蓄型保険」。貯蓄型保険とは耳慣れない言葉と感じる方もいるかもしれません。一体どのような保険なのでしょうか。ここでは貯蓄型保険とはどのような保険なのか、どのような種類があるのか、といった点についてご説明していきます。

貯蓄型保険にはどのような種類があるのか

貯蓄型保険とはどのような保険を指すのでしょうか。

貯蓄型保険とは、毎月(年払のこともある)の保険料を万が一の時に(死亡)保険金として受け取れる保険です。加えて満期に満期保険金として受け取ることができる貯蓄性がある保険のことです。

続きを読む

代表的な貯蓄型保険としては、「養老保険」、「こども保険(学資保険)」や「終身保険」があげられます。終身保険はこの中でもやや異質ですが、その特徴については後ほど説明いたします。

そして、これらの保険は、保険販売件数のランキングを見ても売れる人気の保険ともいえます。

それでは、それぞれの貯蓄型保険の特徴をしっかり把握しておきましょう。

養老保険

養老保険とは、保険期間内に被保険者が死亡した時には死亡保険金を受け取ることができます。また、満期を迎えた際には満期保険金を受け取ることができます。

こども保険(学資保険)

こども保険は、子供の教育に関する保険。学校入学などの教育の節目に祝金(生存給付金)を受け取ることができます。また、満期には満期保険金を受け取ることができます。

終身保険

終身保険はその名のとおり、死亡保障が一生涯続く保険です。満期保険金はありませんが、時間の経過とともに解約返戻金が増えていくため、この側面を「貯蓄性」と評価されることがあります。

世代別の貯蓄型保険の考え方

さて、ここからは世代別の貯蓄型保険について考えてみましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。