夫が家計のやり繰りに非協力的! そんな状況を打開する4つのヒント

家計の管理は誰がしていますか? 奥さんでしょうか、それとも旦那さんでしょうか。最近は共働き夫婦も増えてきて、家計の管理にじっくり時間をかけにくくなってきていますよね。そのため家計のトラブルも起こりがち。

一般的に家計の管理は、夫が生活費を渡して妻がその中でやりくりをする、または妻が生活費を管理して夫はお小遣い制というパターンのいずれかが多いのではないでしょうか。問題が起こりやすいのは夫がお小遣い制というパターン。ここにはいろいろな罠が潜んでいるのです。

続きを読む

そこで今回は、妻が家計を握っているものの夫の協力が得られないと悩んでいる夫婦が、うまく家計を管理するためのヒントをご紹介します。

夫が「他人事」という態度なら、夫に管理を任せてみる

家計管理の悩みとしてよく聞くのが、「夫が節約に非協力的」だとか「夫が飲み会に参加してばかりでお金が貯まらない」という話。こういう場合に多いのが、妻が家計を握っていて、夫はお小遣い制というパターン。夫へのお小遣いの中でなんとかやりくりしてほしいけれど、会社の付き合いとか上司との飲み会と言われると追加のお金を持たさざるを得ないという声も。

飲み会なら普通は一度に4000円~6000円飛んでいきますし、後輩におごるとなるともっとお金が必要になる可能性もあります。お小遣いの中でやりくりしきれずに、夫がお小遣いの増額を求めたり、お小遣いとは別に飲み会代を求めてきたりして、結局毎週の家計が苦しくなるというパターンに陥りがちです。

なぜこのようなことが起こるのでしょうか。それは夫にとって、家計が自分事ではなくなってしまっているからです。自分はお小遣いの中でやりくりすることで精いっぱい、家計のことまで考えられません。自分のお金のその先に家庭のお金があるのですが、そこまで目が行き届かないんですね。このような状況を脱するには、夫に「自分事」として家計のことを認識してもらう必要があるでしょう。

そのためには、いったん夫に生活費の管理を任せてみるのが一番です。お互いの立場を交換してみてください。そうすると、お互いの苦労もわかりますし、家計のことを自分のこととして考えられるようになるはずです。

数か月交代でやってみて、貯金額がどのくらい増えたか、どちらが家計管理が得意かを見極めるのもいいでしょう。ゲーム感覚でやってみると意外と頑張れるものですよ。

毎週10分だけ家族会議をする

そこまでは難しいという場合は、お金のことを意識する機会を作ってみましょう。忙しい毎日だと、ついお金の話は後回しになりがち。やることがたくさんある中では、家計管理のために毎週時間をかけていられませんよね。それでも、毎週10分間だけ時間を絶対に確保して、お金の話をしてみてください。

ただし、お金の話をするといっても、「今月赤字かも」とか「もうちょっと給料上がらないの?」といった暗い話をするのではありません。オシャレな音楽を流したり、ステキな香りのアロマを焚いてみたりして、いい雰囲気の中で明るい未来の話をします。「春には旅行でヨーロッパ行きたいね」とか「クルマ買い替えるならあの車種がいいね」とか、2人の夢をぼんやり語ります。

もしお子さんがいたら一緒に話をしてもいいでしょう。その中で自然と、「じゃあいつまでにどのくらいお金を貯めよう」という話ができるといいですね。そして、あえて事務的に、さらっと事実だけを報告するのも忘れずに。「今週はいくら使ったよ」「今週はいくら予算割れだった」など、あくまで客観的に報告することが大切です。

そうすると相手のほうから「今週出費多くない? どうしたの?」とか「どうして予算割れなの?」と質問が来るときがあるはずです。そのときも感情的にならず、「今週は飲み会が2回あってあなたに1万円渡しているのと、子どもが風邪を引いて治療費と病児保育の費用が結構ふくらんだかも」などと淡々と伝えるようにしましょう。

ポイントなのは、夫が「もうお金の話をしたくない」と思わないように話をすることです。ただでさえ他人事なのに、「妻とお金の話をしたら責められる」なんて思ってしまったら、今後真面目にお金の話ができる関係にはなれないでしょう。責めない、怒らない、悲しまない。あくまで淡々と、明るい口調で話しをすることが大事です。

夫がお金のことに興味を持ったらちょっとだけ相談を

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 大塚 ちえ
  • コラムニスト/ファイナンシャルプランナー

AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)資格保有。新卒から一貫して証券会社に勤務し、国内株やFX、CFD、先物・オプションなどデリバティブ商品の営業企画に従事。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。「くらしとお金の経済メディア LIMO」のほか、「Mocha」「DRESS」「CHANTO WEB」などに執筆。