東京ディズニーシーは2022年度開業に向けて大規模拡張へ

giggsy25/Shutterstock.com

2018年6月にオリエンタルランドはザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー(ディズニ―)と、東京ディズニーシーを拡張し、ディズニーホテルを有する新テーマポートを開発する基本計画について合意したと発表しました(東京ディズニーシー大規模拡大プロジェクト)。

8番目のテーマポートとは

「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」 をテーマとし、ディズニー映画『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』『ピーター・パン』 の世界を、当プロジェクトのために新たに開発する 4 つのアトラクションなどで再現した 3 つのエリアと、パーク内に位置し、最上級ランクの部屋を有するディズニーホテルで構成され ます。

続きを読む

東京ディズニーシー大規模拡大プロジェクトの設備投資額

既存施設への追加投資として 過去最高となる約 2,500 億円をかけ、東京ディズニーシー開業以来最大の面積を拡張し、2022 年度中の開業を目指す予定。

東京ディズニーシー大規模拡大プロジェクトの概要

  • 開発予定地:東京ディズニーランドと東京ディズニーシーに隣接する駐車場を 転用し、東京ディズニーシーの敷地を拡張
  • 施 設 数:アトラクション(4 施設)、飲食施設(3 施設)、商品施設(1 施設)、 ホテル(1 施設)
  • 開発面積:約 140,000 ㎡ (うち、テーマパーク・ホテルエリア 約 100,000 ㎡)
  • 導入時期:2022 年度中(予定)
  • 投 資 額:約 2,500 億円(予定)

あわせて読みたい

***投信1はLIMOに変わりました***

LIMO編集部

ニュースレター

PR

LIMO編集部

LIMO編集部は、国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーを中心に構成されています。金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。