20-30代の個人投資家は、いくら投資をしているの?

若年層で資産格差も見られる結果に

Cultura Motion/Shutterstock.com

「自分も貯蓄や資産形成をはじめたいものの、どのくらいの金額を投資をして良いのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。ただ、「他人に『お金』の話は聞きにくい」という方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、投資をはじめる前に他の人がどのような資産にどの程度の金額は知っておきたいところです。今回はシリーズでお伝えしている年代別の投資金額について、投資初心者向けに、日本の個人投資家の投資金額データを確認してみたいと思います。

続きを読む

日本の個人投資家はどのような人たちなのか

日本証券業協会が2018年1月に発表をした「個人投資家の証券投資に関する意識調査報告」では、株式や投資信託といった有価証券投資をしている投資家の特徴について知ることができます。

同調査は、全国の個人投資家(20歳以上)の5073人にアンケートを実施しています。株式、投資信託、公社債のいずれか、もしくは複数保有している層である既に投資家である人たちに行った調査です。ここでは、同調査から年代別にどの程度の投資を行っているのかについてみていきましょう。

20-30代の投資家は有価証券をいくら保有しているか

以下は、同調査における20-30代の証券の保有額について金額レンジ別についてまとめたものです。。

  • 10万円未満:8.0%
  • 10万から50万円未満:12.8%
  • 50から100万円未満:17.6%
  • 100から300万円未満:27.0%
  • 300から500万円未満:12.1%
  • 500から1000万円未満:10.5%
  • 1000から3000万円未満:7.3%
  • 3000から5000万円未満:1.1%
  • 5000万円以上:3.4%

まとめにかえて

20-30代で見ると証券保有額、つまり投資金額が300万円未満の方が65.4%と約7割弱います。10万円未満の方も8%ほどおり、投資に挑戦しているという層が20-30代でも一定層いらっしゃることが分かります。投資をはじめようか迷うよりも一度体験してしまうということも時には必要ではないでしょうか。

一方で、証券保有額が5000万円以上の方も3.4%もおり、「資産格差」が広がっているという見方もできます。「貯蓄」の中でも「貯金」や「預金」はゼロにはなりませんが、同時に運用において資産が拡大するアップサイドも限定されています。株式などのリスク資産で資産形成のアップサイドシナリオを考えてみるのも時間があるときに検討してみてもよいのではないでしょうか。

青山 諭志

参考記事

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。