お金持ちは高齢者? 貯蓄4000万円以上世帯の比率にビックリ

2500万円の貯蓄と聞くだけでも、「すごく資産があるなぁ」と感じる人も多いでしょう。しかし、さらに驚くのが、高齢者世帯において貯蓄現在高が4000万円を超える世帯が約17%もあるということです。

ざっくりいってしまえば、高齢者世帯の5世帯に1世帯ちかくは4000万円以上の貯蓄があるということになります。若い世代からは”羨ましい限り”という声も聞こえてきそうです。

高齢者世帯の貯蓄格差も顕著な結果に

貯蓄現在高が4000万円以上の高齢者世帯が17%もある一方で、100万円未満の世帯が8%存在します。500万円未満で見ると23%になります。貯蓄現在高が4000万円を超える世帯と500万円に満たない世帯がそれぞれ約2割ずつということになり、貯蓄額の格差があることが見えてきます。

青山 諭志

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。