お金持ちなら知っている、3つの「カード」との上手な付き合い方

クレジットカード、デビットカード、バリアブルカードの特徴とは

私たちの生活には、さまざまな「カード」を使う機会がありますよね。一般的に「カード」というと、クレジットカードを指すことが多いですが、他にもさまざまなカードが存在します。今回は、お金持ちが使いこなす3つのカードと、その使い方についてご紹介します。

クレジットカードのサービスは余すことなく利用する

クレジットカードはお金持ちのステータスというイメージが強いのではないでしょうか。ゴールドカードやプラチナカードなど、どんな種類のカードを持っているのかは気になるものですね。しかし、注目したいのはクレジットカードの付帯サービス。還元率も重要なポイントですが、還元率が高いというだけで選ぶのは早計です。クレジットカードの付帯サービスもしっかりチェックしてみましょう。

続きを読む

クレジットカードの付帯サービスとしては空港ラウンジサービスが代表的ですが、それだけではありません。傷害保険が付帯していることも多いですよね。手ごろな保険料で加入でき、保障内容も充実していることが多いです。ほかに保険に加入している場合には、保障範囲の重複がないように注意する必要がありますが、自分に必要かどうかを検討してみるのもいいでしょう。

また、クレジットカードを使ってポイントやマイルを貯めることができます。飛行機を使う機会が多い人はマイルが貯まるといいですよね。当然ポイントを使えるお店は多いほうがいいですし、他のポイントやギフト券に交換できるのなら自分がよく使うギフト券やポイントに交換できたほうがいいですよね。

クレジットカードのポイントは、自分にとって「使いやすいかどうか」を考えるのが一番です。たしかに、還元率が高いに越したことはありませんが、ポイントが使いづらくて貯まってばかりという経験がある人も少なくないのではないでしょうか。

本当にお金持ちの人は、ステータスのためにハイクラスのクレジットカードを持つこともありますが、自分が使いやすいクレジットカードを別で持っている人も多いのです。自分にフィットするクレジットカードを普段使いにして、人付き合い用にハイクラスカードを所持しているというわけですね。

デビットカードなら負債の先送りがやめられる

あまり人気のないデビットカードですが、実はかなり使える便利なカードなのです。知名度はクレジットカードよりだいぶ劣りますし、実際に使っている人もあまり見かけないかもしれません。デビットカードとはそもそも、銀行口座の残高を限度に利用できるカードで、買い物をしたらその場で銀行からお金が差し引かれるというものです。クレジットカードとの大きな違いは、やはり「即座に」口座からお金が差し引かれるというところですね。

クレジットカードとは違い、銀行残高からすぐにお金を差し引くという性質上、与信の必要がないために、多くの場合は審査不要でデビットカードを作ることができます。さらに、現金還元があるデビットカードもあり、利用金額に応じた還元が受けられます。還元率はクレジットカードに劣る部分もありますが、クレジットカードのように負債を先送りにしなくていいというメリットがあることを考えると悪くないでしょう。

また、デビットカードの良さはATM手数料が節約できること。銀行ATMからお金をおろさなくても、クレジットカードのように色々なお店や通販サイトで使えるので、ATMへ駆け込む手間や時間、そしてATMを利用したときの手数料を節約することができますよね。毎月数回の利用でも、時間帯によっては手数料が1000円を超える出費になることもあります。デビットカードを使いこなすことで上手に節約することができるというわけですね。

さらに、銀行口座直結ということもあり、デビットカードでの取引は通帳記入したときにすべて記帳されます。自分の出費を管理しやすくなり、通帳自体が家計簿のようになるのも非常に大きな魅力と言えるでしょう。

バリアブルカードでもっとおトクに!

参考記事

FP保有の金融系ライター。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。