お金持ちなら知っている、3つの「カード」との上手な付き合い方

クレジットカード、デビットカード、バリアブルカードの特徴とは

バリアブルカードという言葉を知っていますか? 耳慣れない言葉かもしれませんが、多くの人がその実物を目にするとピンとくるはずです。バリアブルカードとは、コンビニなどでよく見かけるアマゾンやiTunesなどのマークが書かれたカードのこと。金額を自分で設定して、レジで購入することができます。チャージして購入するというイメージが近いですね。

金額が書かれているタイプのものもありますが、それは多少使い勝手が悪いときもあります。端数が残ってしまってもったいないと思う人も多いのではないでしょうか。その点、バリアブルカードなら好きな金額をチャージできるのが大きなメリットですよね。

そして、このバリアブルカードの魅力は手数料やカード自体の代金がないものが多いこと。チャージして誰かにプレゼントしてもいいですし、防犯のためにクレジットカードを使いたくないという場面で活用するのもいいでしょう。さらに、さまざまなキャンペーンを展開していることも多く、チャージした金額以上に使えることも多いのです。これを上手に活用して、よりおトクに買い物をしているお金持ちの人も実は多いんですよ。

まとめ

いかがでしたか。カードとの上手な付き合い方を覚えておくと、余計な負債を背負う必要がなくなりますし、自分のお金を管理しやすくなります。ステータスも大事ですが、自分のお金をうまく管理できるようにカードを使いこなせるといいですね。

大塚 ちえ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 大塚 ちえ
  • コラムニスト/ファイナンシャルプランナー

AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)資格保有。新卒から一貫して証券会社に勤務し、国内株やFX、CFD、先物・オプションなどデリバティブ商品の営業企画に従事。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。「くらしとお金の経済メディア LIMO」のほか、「Mocha」「DRESS」「CHANTO WEB」などに執筆。