BMWグループ、2017年のEV車の年間目標10万台を達成

Ed Aldridge / Shutterstock.com

2017年12月19日、BMWグループは、2017年年初に掲げた「年内、グローバルで10万台以上の電気駆動車(EV車)を販売する」という目標を達成したと発表した。

同社は、2013年にピュアEVモデルであるBMW i3を導入して以来、すでに20万台以上のEV車をグローバルで販売しており、今後はプラグインハイブリッドモデルも含め、合計で25車種を取り揃えることを目指している。

ちなみに、2018年にはオープンタイプのプラグインハイブリッドスポーツカーBMW i8ロードスターを投入予定。また、2019年にはMINIのピュアEV、2020年にはBMW X3の電気駆動モデル、2021年には 自動運転車BMW iNextの量産モデルが販売される予定である。

続きを読む

なお、BMWグループは欧州のピュアEV車両およびプラグインハイブリッド車市場においてシェア約21%を確保し、競合他社を大きくリードしている。また、全販売台数に占める電動車の比率は6%に達し、欧州車の平均2%を上回る電動化率を誇っている。

18日にはトヨタ自動車(7203)が、EV車に対する取り組みを加速する考えを表明しているが、欧州メーカーも同様な動きを積極化させていることには注意が必要であろう。

LIMO編集部

ニュースレター

PR

LIMO編集部

LIMO編集部は、国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーを中心に構成されています。金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。