日産が「セレナNISMO」の発売を発表

日産自動車株式会社は、11月21日に「セレナNISMO」を同日より全国一斉に発売すると発表。

セレナが追加

NISMOロードカーは、2013年2月に発売した「ジュークNISMO」を皮切りに、「マーチNISMO」、「ノートNISMO」「フェアレディZ NISMO」、「NISSAN GT-R NISMO」へとモデルを拡大。今回、「セレナNISMO」を発売する。

昨年8月にフルモデルチェンジした「セレナ」。今回の「セレナNISMO」は、「セレナ」自体の特長である家族全員でロングドライブを楽しむことが出来る使い勝手の良さや快適性を軸に、NISMOが持つ技術を注入。

続きを読む

日産のプロパイロット

日産は「ニッサン インテリジェント モビリティ」の取り組みのもと、クルマの「電動化」、「知能化」に向けた技術開発を進めている。「セレナ」は、この「ニッサン インテリジェント モビリティ」を具現化する、高速道路 同一車線自動運転技術「プロパイロット」を採用しているモデル。

プロパイロットとは、電動パーキングブレーキ、オートブレーキホールド、踏み間違い衝突防止アシスト、インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)の機能を含んでいる。

NISMOとは

NISMOは、日産の「今までなかったワクワクを(Innovation that excites)」を具現化するパフォーマンスブランド。NISMOのクルマはモータースポーツで培われた空力スタイリング、卓越したハンドリングなどを商用車に展開。

モータースポーツの世界では、日本のSUPER GTのGTカーやスポーツカーの最高峰のレースに自ら参戦するとともに、ルマン24時間レースやヨーロッパ ル・マンシリーズ(ELMS)に参戦しているチームにエンジンを供給している。

ファミリーユースのセレナに日産の先端安全技術とNISMOの経験と技術が加わることでユーザー層の広がりに注目したい。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者やファッション誌元編集長、業界専門紙の記者出身者、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。