36歳/年収1800万円 vs. 42歳/年収1300万円。高年収を手にできる会社の共通点は何か?

アベノミクスが始まって以降、働き方や待遇面などについて様々な議論があります。ただ、誰しも高い年収を一度は目指すものではないでしょうか。今回は、若くして高年収を手にできる企業について、決算書をもとに見ていきたいと思います。

日本の製造業で強い会社は本当に強い

平均年齢36歳で平均年間給与1,800万円超、また平均年齢42歳で平均年間給与1,300万円超をもらえる会社があると聞いて皆さんはどう感じるでしょうか。そして、そのいずれもが製造業だというとどうでしょう? 「やはり日本の製造業は強いな」という印象を持たれるでしょうか。

続きを読む

一方で、「製造業でそんなにもらえるのか」という声もあるでしょう。たとえば、日本を代表する製造業であるトヨタ自動車(単体)の平均年間給与は852万円(平均年齢39歳)です。それを考えると、同じ製造業でそれほどの給与をもらえる会社があるのは驚きかもしれません。

42歳で年収1,300万円の会社とは

この会社がどこか、何となくイメージはあるでしょうか?

平均年齢42歳で平均年間給与1,300万円を手にできるのは、山梨県に本社を置くファナック(6954)です。同社は工作機械向けのNC(数値制御)システムや、黄色が特徴のロボットを自動車産業向けなどに提供しています。

ご存じの方もいるかもしれませんが、ファナックはもともと富士通(6702)のNC部門だったものが1972年に分離し、設立されました。日本の民間で最初のNCとサーボ機構を開発しており、その後は工場などの生産現場の自動化をリード、サポートしてきた会社です。

過去には米GMやGEと合弁会社を設立するなど、同社の歴史からは、海外の自動車やインフラ装置製造業においても一目置かれる存在であったことが分かります。

ちなみに、1982年にGMとの合弁会社GMFanuc ROBOTICS CORPORATIONを設立(1992年にファナック全額出資子会社とし、FANUC Robotics Corporationに改称)、また1986年に米GEとの共同出資により GE Fanuc Automation Corporationを設立しています(2009年に合弁を解消)。

2017年3月期の連結売上高は5,369億円、営業利益は1,532億円、当期純利益は1,277億円。時価総額も4兆円を超えるなど、日本を代表する製造業と言えます。

36歳で年収1,800万円の会社とは

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。