【最新決算】SUBARUは国内外の販売増加で好調なスタート 2018年3月期第1四半期決算を読み解く

Shutterstock.com

copy URL

北米などでこれまで顕著な実績を上げてきたSUBARU。直近の決算から今後の同社の動きを読み解いていきます。

決算はどうだったか

2018年3月期第1四半期(Q1)実績は、売上高が対前年同期比+11%増、営業利益が同+18%増、親会社株主に帰属する四半期純利益が同+4%増となりました。国内外で販売台数を伸ばし、とりわけ、北米地域で大幅な伸長を達成したことで、販売費用や研究開発費の増加を吸収し、2桁の営業増益となりました。Q1実績に関しては、想定以上の好業績で業績としてはポジティブな印象がります。

続きを読む

一方、2018年3月期の会社予想の変更はありません。110円/ドルを前提に、営業利益は対前期比で横這い、親会社株主に帰属する当期純利益は同+1%増。なお、上期の会社予想にも変更はありません。Q1実績は好調に推移したものの、米国新車市場のスローダウン懸念等から、会社予想を据え置いたと見られます。やや保守的な印象は残りますが、現時点では概ね想定の範囲内。ただ、次の上期決算では通期の上方修正が行われる可能性は高いと考えています。

今後の注目ポイントは何か

投信1編集部では同社の最大の収益源である米国市場の新車販売動向に注目しています。今年初めから顕著となった市場のスローダウンが、同社の販売動向に与える影響に注視すべきと考えています。一方、国内販売はもう一段の上乗せが期待可能と見られ、上期決算時の業績修正にどのように反映されるか期待されます。引き続き、SUBARUに注目です。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、大手メディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い運営をしています。また、編集体制としての金融コンテンツ編集者のバックグラウンドは、金融機関勤務経験年数は延べ30年(2021年7月1日現在)で、編集者として日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)、第一種外務員(証券外務員一種)、AFPなどの金融プロフェッショナルとしての資格保有者が在籍しています。ネットメディアとしての沿革は、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。