4. 時間は有限だからこそ、早めの対策を

ここまで男性の厚生年金について確認してきました。

平均受給額は月16万4742円で、15万円以上受け取っている方に絞ると全体の65%という結果です。

金額に関しては、それぞれの生活スタイルによって受け止め方が異なるでしょう。しかし、仮に月15万円が老後の収入と考えると、現職中と比べて少ないと感じる方が多いのではないでしょうか。

退職後を考えると“毎日が日曜日”ですので、自由な時間は増えます。場合によっては、現職中と比べると出費が増えるかもしれません。病気や介護などの心配もあります。

「月15万円が少ない、不安だ」と感じた場合には対策が必要でしょう。

「どのような対策がいいのかわからない」となりますが、まずは現状把握が重要です。このままいくと自分はいくらくらい受け取れそうなのか、ねんきん定期便を使って把握するのが先決です。

結果として足りないようであれば、資産運用など具体的な対策の検討に入るといいでしょう。

資産運用といっても色々な種類があります。たとえば、iDeCoやつみたてNISAなどの非課税制度を利用しながらの積立投資が最近では話題です。

ただし、資産運用ですからリスクも当然あります。どのようなリスクがあるのか、自分はどの程度のリスクまで取れるのか、情報収集が非常に重要です。

時間は有限ですから、なるべく早く動くことをおすすめします。今回がそのキッカケになれば幸いです。

参考資料