ANA の株価と業績はJAL対比で健闘

ANAの2017年3月期予想は横ばいだがJALは減収減益

tishomir / Shutterstock.com

copy URL

日本の航空会社は、JALこと日本航空(9201)と共にANAホールディングス(9202)の存在抜きに語ることはできないでしょう。そのANAの株価は3月以降下落していますが、JALのように年初来安値を更新するまでには至っていません。

今回はANAとJALの今後の展開について考えていきます。

2016年8月より上昇トレンドのANAの株価

ANAの株価は2016年8月より多少の上下はありながらも上昇を続け、2017年3月にいったん天井をつける形で下落しています。そして現在は、その下落の途中と見えなくもありません。現在の下落が押し目をつけに行っているのか、それとも本格下落の初動となるのかは分かりません。

続きを読む

しかし、日足チャートは下値を切り上げての上昇は崩れておらず、下値の切り下げなく株価が推移すれば、現在は押し目をつけている状態と言うことができます。

ANAの過去1年間の株価推移

ANAとJALの業績推移比較

ANAの業績は下記のように推移しています。

2015年3月期 売上高1兆7,135億円、経常利益671億円、当期純利益392億円
2016年3月期 売上高1兆7,912億円、経常利益1,307億円、当期純利益782億円
2017年3月期(会社予想) 売上高1兆7,400億円、経常利益1,300億円、当期純利益80億円

2015年3月期から2016年3月期へ大幅な増益を果たしたANAですが、2017年3月期の業績はほぼ横ばいの予想です。一方でJALの業績予想は減収減益となっており、足元の売上高はANAがJALを上回っています。

国内線と国際線両方を手がける両社は、事業環境としてはほとんど差がありません。JALの株価が年初来安値を更新する一方、ANAの株価は下落が続くものの年初来安値を更新するほどでないのは、株式市場がANAの経営に対しJALよりも高い評価を与えていると考えることもできます。

なお、JALは2017年4月より破綻後の国交省の監視下を離れ、経営的には通常の状態に復帰しましたので、今後どのような動きになるか注視したいところです。

まとめ

JALは経営破綻し、ANAは生き残ったという点からも、ANA歴代の経営陣の経営手腕を伺い知ることができます。ANAは今後もその優れた経営手腕を発揮して、さらなる成長と株価上昇を果たすことができるのでしょうか。今後のANAの活躍に期待したいと思います。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、大手メディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い運営をしています。また、編集体制としての金融コンテンツ編集者のバックグラウンドは、金融機関勤務経験年数は延べ30年(2021年7月1日現在)で、編集者として日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)、第一種外務員(証券外務員一種)、AFPなどの金融プロフェッショナルとしての資格保有者が在籍しています。ネットメディアとしての沿革は、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。