3. 保守的過ぎるファンドも考えもの

つみたてNISAの大きなメリットは、通常20.315%運用益にかかる税金が非課税になる点です。

つまり、利益が出ていなければメリットを享受できません。リスク許容度は個人差があるので、自分がとれる範囲のリスクをとることが重要です。

ただはじめて投資をする場合、リスクが怖くて必要以上に保守的になってしまう方もいるでしょう。しかし、分散し過ぎもよくありません。

これから資産を増やしたいと考えるあなたが、成長しない資産に投資をしていたら矛盾してしまいますよね。

そもそも投資信託は中身で分散投資が出来ています。また、つみたてNISAで毎月積立投資をすると、購入するタイミングの分散ができます。

これから資産を増やしていきたい方は、成長する資産に投資信託で購入しタイミングを分散することを心がけましょう。

大切な資産は「自分で考え」「自分で守る」

将来のためにお金を増やしたいと思って「つみたてNISA」を始める方も多いでしょう。

大切な資産だからこそ、今回ご紹介してきた視点を持ちながら、ご自身で主体的に調べて選んでいくとよいでしょう。

なお、金融機関によって取り扱っているつみたてNISAの商品が異なるので、事前に確認することが大切です。

参考資料