【注目決算】NTTは海外事業で躓き。中長期ストーリーは見直しへ

日本電信電話(9432)(以下、NTT)は2017年3月期の第3四半期累計(2016年4-12月期)決算を発表。足もとの業績は計画線だが、海外事業の立て直しに時間がかかりそうである。短期的には自社株買いの効果が期待できるが、中長期のストーリーは見直しへ。株価には「ややネガティブ」な印象。

決算ハイライト

第3四半期累計実績は、営業収益が対前年同期比▲2%減、営業利益が同+17%増、税引前四半期純利益が同+17%増、当社に帰属する四半期純利益(以下、純利益)が同+11%増だった。業績の進捗は市場コンセンサス対比で順調であり、自社株買いが引き続き予定されていることが株価のサポート要因となるだろう。

続きを読む

しかし、現在の中期経営戦略の柱の一つである海外事業に関しては、その中核であるディメンションデータ社の営業権の減損▲488億円を行った。従来、同社の建直しには一定の手ごたえがあると説明されてきたことから、今回の減損実行は事業環境の厳しさを際立たせる内容となった。

ここに注目!

ドコモの収益に対して当局から厳しい視線を浴びている中で、課題の海外事業の収益体質強化と全社的な利益底上げ、そして自社株買いを通じて、2018年3月期のEPS400円以上(2017年3月期会社予想376円)という目標をどう達成するか、どこまで上積みできるかに注目したい。

 

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。