日立と東芝がアベック暴落! 日経平均も反落に

【東京株式市場】2017年2月9日

株式市場の振り返り-重要イベントを控えてやや荒い値動き、日経平均株価は反落

2017年2月9日(木)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 18,907円(▲99円、▲0.5%) 反落
  • TOPIX 1,513.5(▲10.6、▲0.7%)  反落
  • 東証マザーズ総合指数 1,005.8(▲4.8、▲0.5%)  反落

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:659、値下がり銘柄数:1,205、変わらず:138
  • 値上がり業種数:8、値下がり業種数:25

東証1部の出来高は19億3,351万株、売買代金は2兆2,457億円(概算)となり、いずれも前日より増加しました。10日(金)に米国ワシントンで開催される日米首脳会談を控え、様子見スタンスが強まる一方で、週末はミニSQを控えていることもあり、相応の商いに繋がったようです。

続きを読む

このような中、日経平均株価は寄り付きから安く推移しましたが、その後は一時▲16円安まで下げ幅を縮小しました。しかし、後場は再び売りが優勢となり、大引け前には▲132円安まで下落します。最後はやや戻したものの、終値で19,000円割れとなってしまいました。

なお、TOPIXも同じような値動きでしたが、日経平均株価より下落率が大きくなっています。

東証マザーズ総合指数は反落、しかし終値1,000ポイントを確保

東証マザーズの出来高は5,436万株、売買代金970億円となり、いずれも前日より増加しました。売買代金は決して高い水準ではありませんが、1,000億円まであと少しとなっており、徐々に活発な動きが見られているようです。

総合指数も反落となりましたが、終値で1,000ポイントを維持したのは明るい材料と言えそうです。

日立製作所と東芝が揃って暴落、富士重工やトヨタ自動車も大幅下落

個別銘柄では、三菱重工(7011)から巨額損失(海外の火力発電所建設)の負担金を請求された日立製作所(6501)が▲8%超安の暴落となりました。時価総額3兆円を超える大型株としては滅多にないことです。なお、相手側の三菱重工も大幅安となりました。

また、上場廃止懸念が強まった東芝(6502)も一時▲12%超の暴落となり、終値も▲7%弱の下落でした。

自動車株では、前日に決算発表を行った富士重工(7270)が急落し、トヨタ自動車(7203)も再び大きく値を下げています。

一方、三菱地所(8802)など不動産株が上昇し、任天堂(7974)も値を上げました。また、イビデン(4062)が大幅上昇となり、年初来高値を更新しています。

新興市場では、ドリコム(3793)が連日の急騰となり、再び高値を更新しました。また、ミクシィ(2121)も場中に高値更新となりましたが、その後は利益確定売りに押されて下落して引けています。

さらに、Gunosy(6047)やアクセルマーク(3624)が急落して引けました。

 

青山 諭志

ニュースレター

PR

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット動向、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄や投資といった個人の資産運用動向を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。