秋冬のインテリアを華やかに彩り、長年親しまれてきたシクラメン。ポインセチアと並ぶ、冬の定番植物と言ってもいいでしょう。

近年は様々な品種が作出され、個性的な品種も見かけるようになりました。年末の華やかなムードを盛り上げる贈答用やクリスマスアレンジ用にもピッタリです。

今回はシクラメンの育て方と、再び花を咲かせるための管理のコツを紹介します。

【シクラメン】基本情報

  • サクラソウ科シクラメン属
  • 球根/多年草
  • 草丈:10~70センチ程度
  • 参考価格:200~400円前後(ポット苗)、4000~6000円前後(ギフト用5号鉢)

拡大する

クリスマスアレンジにも使われるシクラメン(Victoria Kurylo/Shutterstock.com)

【シクラメン】基本の育て方

シクラメンはちょっとしたコツで長く咲かせることができます。シクラメンを健康に育てるには、置き場所、日当たり、温度など適切な生育環境を整えてあげることが大切です。

続きを読む

シクラメンの置き場所

シクラメンは明るく日当たりの良い場所で育てます。日光を好みますが、直射日光には注意しましょう。秋はレースカーテン越しのやわらかい日光、冬は日の当たる窓際が理想的です。

シクラメンの温度管理

基本的に室内で育てる鉢花のシクラメンですが、実は暑さにも寒さにも弱い植物。

長く花を楽しむために、生育環境の温度管理には特に注意するようにしましょう。

室内用シクラメンの耐寒温度は5度程度ですが、20度を超える環境もシクラメンには適しません。少しひんやりとした場所を好むので、20度を超える暖かい部屋は避けるようにします。

また、冬の窓際は夜になると冷え込む場合も多いので、夜間や早朝は窓際から離したり、段ボールや発泡スチロールの箱を被せるなど、冷気からシクラメンを守るようにしましょう。