40代を過ぎると体力の変化を感じる方も多くなります。特におひとりさまの場合、このまま老後を迎えることに不安を感じているかもしれません。

同年代のおひとりさま世帯のお財布事情が気になるところです。そこで今回は、40~50代おひとりさまの平均給与、そして平均貯蓄額をまとめてみました。老後を迎えるために必要な対策の参考にしてください。

【関連記事】厚生年金「ひと月30万円以上」受給する人の割合

まずは40~50代の平均給与額(男女別)を知ろう

続きを読む

今の40~50代の平均給与を知るには、国税庁の「令和2年(2020年)分 民間給与実態統計調査」が参考になります。早速見てみましょう。

年齢階層別の平均給与(男女別・年代別)

年代ごとの平均と男女別の平均は下記のとおりです。

年代:平均給与(男性:女性)

  • 20~24歳:260万円(277万円・242万円)
  • 25~29歳:362万円(393万円・319万円)
  • 30~34歳:400万円(458万円・309万円)
  • 35~39歳:437万円(518万円・311万円)
  • 40~44歳:470万円(571万円・317万円)
  • 45~49歳:498万円(621万円・321万円)
  • 50~54歳:514万円(656万円・319万円)
  • 55~59歳:518万円(668万円・311万円)

男性は年代を追うごとに給与が上がっていますが、女性はどの年代も300万円程で推移しています。全体の平均給与額が上がっているのは、男性の額に連動しているからといえそうです。

年齢だけでなく、雇用形態でも変わる平均給与。今度は正規雇用と非正規雇用に分けて見てみます。

雇用形態ごとの平均給与

雇用形態:平均給与(男性・女性)

  • 正規雇用 :496万円(550万円・384万円)
  • 非正規雇用:176万円(228万円・153万円)

正規雇用の平均を見る限り、年代ごとで見た給与と大きな差はなさそうです。しかし、非正規雇用の平均は176万円。さらに女性は153万円まで下がります。

非正規雇用で働く方や女性は、老後の対策が重要になることがわかりますね。おひとりさま世帯がどれくらい貯蓄で備えているのか気になるところです。

つぎは40~50代おひとりさまの貯蓄額を見ていきましょう。